TOYODA GOSEI

お問い合わせ

CSRマネジメント

コーポレートガバナンス

社会の発展に貢献し、着実に事業成長するグローバル企業を目指し、コーポレートガバナンスを強化するとともに、環境変化に素早く的確に対応できる組織体制と、公正で透明性のある健全な経営システムを維持しています。

  • 環境変化への柔軟な対応と経営責任の明確化のため、取締役の任期を1年に限定すると共に、執行役員を設置して業務執行を経営監督から分離。
  • 経営の透明性と健全性をより高めるために、2015年6月に導入した社外取締役を2016年6月からは複数名とし、取締役会の経営の監視・監督の機能を強化。
  • 重要事項を審議・決定し、業務執行をチェックするための会議体・委員会を設置。

監査体制
  • 社外監査役3名を含む監査役5名を置き、監査役・監査役会が取締役の職務執行を監督・監査。
  • 内部監査機関である監査部が、監査計画を監査役と協議するとともに、定期的に会合を持つなど、密接に情報交換・連携。さらに会計監査人とも連携し、監査機能を強化しています。
  • 監査役による監査の独立性・実効性の向上と、監査業務の円滑化のため、監査役会直属の監査役室を設置。
グループ経営
  • グループ会社の健全な内部統制環境を整えるため、グループ全社と「経営理念」「行動憲章」を共有。
  • 子会社の経営の自主性を尊重しつつ、定期的に事業報告を受けるとともに、事前承認・報告を通じて子会社の業務の適正性・適法性を確認。
  • 重要な子会社には取締役や監査役を派遣し業務執行を監督。
コーポレートガバナンスの状況

当社のコーポレートガバナンスの詳細については、「コーポレート・ガバナンス報告書」をご覧ください。

    コンプライアンスの推進

    法令遵守はもちろん、企業倫理の観点からも従業員一人ひとりが高い倫理観を身につけて行動できるよう、コンプライアンスを徹底しています。豊田合成グループ共通の価値観と行動規範を「豊田合成グループ行動憲章」として定め、これを基に国内外のグループ全社が各社の行動指針を具体化しています。

    • 社長を委員長とし全役員をメンバーとする「企業行動倫理委員会」を組織し、各部門のコンプライアンス推進者とともに、経営と現場が一体となりコンプライアンスを徹底。
    • コンプライアンスに関する問題の早期解決のため、社内外にコンプライアンス相談窓口を設置。

    リスクマネジメント

    大規模災害への対策

    南海トラフ巨大地震などの大規模災害を想定して、「人命第一」「地域支援」「早期復旧」を基本とする危機管理体制を整えています。「危機管理統括プロジェクト」を中心に、「初動対応の整備・充実」と「速やかな生産復旧に向けた対応手順の明確化」を柱に、災害時の対応力を強化しています。

    • ハード・ソフト面の対策に加え、災害時の対応者のスキル向上のため、役員をはじめとする対策本部メンバーの「レジリエント訓練」(災害模擬演習)を2013年度から40回以上実施。
    • 生産復旧体制の整備として、被災した建屋・設備・工程の復旧と代替生産の手順の具体化を推進。
    • 被災後も製品開発を継続できるよう、設計図面データなどの復旧訓練を実施。

    情報セキュリティ対策

    機密情報の管理を強化しています。

    • 「機密管理規程」に基づき、全部門のルール遵守状況を年1回点検するとともに、現地監査も実施。
    • 国内グループ会社、海外統括会社、中国の全拠点でも自主点検を実施。
    • 全部門に機密保持責任者を置き、「情報システムセキュリティ運用標準」や「機密情報管理のてびき」を用いて全社員の機密管理教育を実施。