TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

~ものづくりを通じ、青少年育成を支援~
2017年度「一宮少年少女発明クラブ」入講式を開催

2017年04月17日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑 直樹)は、「一宮少年少女発明クラブ(共催:一宮市・一宮商工会議所・一宮市教育委員会)」の2017年度入講式と本年度第1回目のものづくり教室を開催しました。

同クラブは、一宮市内の小学校4年生~6年生の児童を対象に、ものづくりを通じて科学技術に関する興味を追求する場を提供し、創造性豊かな人間形成に貢献することを目的として2007年に設立し、今年で11年目を迎えました。

本年度は、過去最多となる159名のクラブ員を迎え、LED・電気基盤・木材などを用いた、ものづくり教室などを10回開催します。

当社は、同クラブの立上げ当初から全面的に支援しており、企画・運営への参画、指導員および指導員サポート(ボランティア)の派遣、会場の提供等を行っています。

豊田合成は今後も青少年の育成支援を積極的に推進していきます。

 

1.入講式の概要

1) 日時: 4月15日(土)  9:30~9:50
2) 場所: 豊田合成 サンコートイースト 多目的ホール (愛知県稲沢市井之口町)
3) 出席者数: 120名
・来賓:4名 (一宮市教育委員会教育文化部長など)
・役員:6名 (一宮市商工会議所 副会頭など)
・クラブ員:62名 (小学4年生のみ)
・指導員:26名 (豊田合成従業員、OB など)
・指導員サポート、事務局等:20名 (豊田合成従業員、トヨタ名古屋自動車大学校職員・生徒)

 

2.第1回ものづくり教室

実施日 対象学年 会場 テーマ
4/15(土) 小学4年生 62名 ・豊田合成 サンコートイースト 風の力で進む車
小学5年生 51名 ・豊田合成 健康管理センター ブレッドボードを作って電子回路を作ろう
4/22(土) 小学6年生 46名 ・一宮市木曽川庁舎
 (一宮市木曽川町内割田一の通り27) 
暗くなると点灯するランタン

 

ものづくり教室の様子(空気の力で進む車の作成)
ものづくり教室の様子(風の力で進む車の作成)

 

完成品を披露する児童
自分で作った作品を持って記念撮影

 

以上