TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

~電波暗室を導入し電子製品開発を強化~
「グリップセンサー付きハンドル」を国内で初めて開発

2017年10月20日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑 直樹)は、現状の高度運転支援システムに対応した「グリップセンサー付きハンドル」を国内メーカーとして初めて開発しました。また、今後の自動運転技術の進展に対応した付加価値の高いモジュール製品の開発に向けて、当社の美和技術センター(愛知県あま市)に「電波暗室」を導入しました。

 

1.「グリップセンサー付きハンドル」の開発

当社は、ドライバーのハンドル保持状態を検知できる「グリップセンサー付きハンドル」をトヨタ自動車株式会社と共同開発しました。本製品はLEXUS新型LSに搭載されています。

高度運転支援システムを搭載した車両では、自動ブレーキや車線維持走行などの機能を備えていますが、本システムではハンドル保持が必要とされます。「グリップセンサー付きハンドル」はリング部にセンサーを内蔵し、ハンドル保持状態を高い精度で検知できます※1

本製品は、冬期などにハンドルを暖めるヒーター機能も付いており、通常ではヒーターエレメントとセンサーエレメントが必要となりますが、設計の工夫により2つのエレメントを世界で初めて一体化することで、軽量化にも寄与しています。

今後、自動運転技術の進展に伴い、ドライバーを自動運転システムがアシストしてクルマを動かすことが増えていきます。当社は、ハンドルにドライバーとクルマの接点(HMI※2)としての様々な機能を統合していくことで、お客様のニーズにお応えしていきます。

※1 ハンドルを保持しているか手を放しているかを判別して車両側に信号を送ります。
※2 ヒューマン・マシン・インターフェイスの略。人と機械(クルマ)が情報のやり取りをするための装置。


2.「電波暗室」の導入

当社は、従来からコックピットやフロントグリル周りの部品を数多く開発、提供しています。これらの領域は自動運転の進展に伴い、より快適な室内空間を創出する様々な機能の付与や、周囲の状況などを把握するセンサーなどの搭載が増えると見込まれています。

このたび、当社はゴム・樹脂の高分子分野を中心とするコア技術を用いた製品に、電子部品を融合させた製品開発を強化していくため、「電波暗室」を導入しました。電波暗室は、外部の電磁波を遮断するとともに内部での電磁波の反射を抑制し、製品から発する電磁波の周波数帯域や強さを正しく測定できる設備です。

自動運転の進展に伴って電子部品の搭載数が増えると、電磁波の相互干渉の防止がますます重要になります。当社の電波暗室は、複数の製品から各方向に出る幅広い性質の電磁波を同時に計測できる最新型の設備であり、多数の電子部品を搭載した製品の信頼性を向上させます。

当社は、このたび導入した電波暗室を活用して、電子部品を組み込んだ付加価値の高いモジュール製品を開発し、お客様に提案していきます。

電波暗室

導入した電波暗室 (製品開発イメージ)

 

以上