TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

豊田合成の「大型樹脂ルーフ」がFCバスに採用

2018年01月16日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑 直樹)の「大型樹脂ルーフ」が、2018年に販売予定のトヨタ自動車株式会社の燃料電池バス(FCバス)に採用されました。FCバスは2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて東京都を中心に100台以上が導入される予定であり、当社も樹脂化による軽量製品の燃料電池車への提供を通じて水素社会の実現に寄与します。

樹脂ボデーは金属製より軽い半面、強度が劣るという課題がありましたが、当社は衝撃や熱への耐性を持ちつつ厚みを抑えて軽量化に寄与する樹脂材料を開発。さらに大型部品を一定の厚みで高精度に成形する技術を用いて樹脂ルーフを開発しました。また本製品はFCスタックと高圧水素タンク上側に設置されるため、点検時などに開閉できる構造としています。

これまでも当社はラジエータグリルなど精密な大型樹脂部品を数多く開発・生産してきました。今後普及が見込まれる電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)では航続距離の延長が求められる中、当社は高分子系の専門メーカーとして培った樹脂の材料・成形技術を活かし、車体の軽量化ニーズにお応えしていきます。

以上