TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

インドで開催される「オートエキスポ2018」に初出展

2018年01月29日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑 直樹)は、2月8日(木)~11日(日)にインドのニューデリーで開催される「第14回オートエキスポ2018」(会場:プラガティマイダン)に、同国における合弁事業パートナーであるウノ・ミンダグループと共同で初出展します。

安全分野では360度フルカバーの乗員保護コンセプトモデルを用いて、インドで需要が拡大している「各種エアバッグ」や運転支援システムに用いられる「ミリ波レーダ対応エンブレム」などを紹介します。また環境分野では、燃費向上に貢献する軽量な「樹脂フューエルフィラーパイプ」や消費電力を低減する「ヘッドランプ用LED光源」などを展示します。

当社は急拡大するインドを重点市場と位置づけており、2018年秋には同国で5拠点目となるインド西部(グジャラート州)の新工場でエアバッグなどの生産開始を予定するなど、積極的に納入体制を強化しています。今後も同国でのお客様のニーズに対応し、更なる事業拡大を目指していきます。

 

〔主な展示品〕

・安全 [乗員保護]各種エアバッグ(運転席用エアバッグ、助手席用エアバッグ、カーテンエアバッグ 等)
[歩行者保護]ポップアップフードアクチュエータ
[運転支援]ミリ波レーダ対応エンブレム
・環境 [軽量化]樹脂フューエルフィラーパイプ、ウェザストリップ 等
[消費電力低減]ヘッドランプ用LED 光源 等
各種エアバッグ
各種エアバッグ
(様々な角度の衝突から乗員を保護する360度フルカバーのイメージ図)

 

以上