TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

~コミュニケーション活性化による生産性向上~
質の高い働き方に向けた講演会を開催

2018年10月24日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑 直樹)は10月23日、社内コミュニケーションの活性化による仕事の生産性向上をねらい、役員や管理職など約240名を対象に「働き方改革・コミュニケーション促進大会」を開催しました。

当社は自動車業界の大きな環境変化に柔軟・迅速に対応するため、今年5月に中長期経営計画(2025事業計画)を策定。その経営目標の達成に向け、上司と部下がこれまで以上に意思疎通を図り仕事のやり方を見直すことで、一人ひとりが付加価値の高い仕事に注力できる環境を整えています。

講演会では沢渡あまね氏※1を講師に招き、職場におけるムリやムダを無くすための双方向コミュニケーションの重要性について講話いただきました。沢渡氏が提唱する「職場の問題かるた」を使って、会議や資料作成などでムダを生む行動や慣例と、その改善策について具体例を交えて学びました。

※1 あまねキャリア工房代表。業務改善・オフィスコミュニケーション改善士。日産自動車、NTTデータ、大手製薬会社などを経て、2014年より現職。
「ムリなく」「ムダなく」をモットーにした組織改革(ワークスタイル変革)、業務改善、個人のビジネススキル強化のため業務支援・研修・講演・執筆活動などを行っている。


〔概要〕

1. 実施日時 : 10月23日(火) 14:00~16:30
2. 場  所 : 豊田合成(株) サンコートイースト 3F多目的ホール(愛知県稲沢市)
3. 参 加 者 : 約240名 (役員、管理職、当社グループ会社の社長・人事担当者)
4. 内  容 : 沢渡あまね氏 講演 「主体的な働き方と生産性向上を考える」

 

沢渡あまね氏 講演に耳を傾ける参加者
沢渡あまね氏 講演に耳を傾ける参加者

 

以上