TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

インドのグジャラート州における自動車部品の新工場が稼働開始

2018年11月06日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑直樹)のインドにおける子会社「豊田合成ミンダインディア株式会社(TGMIN)」のグジャラート工場が2018年10月に稼働を開始しました。

グジャラート工場は、同国における自動車生産の拡大と安全規制強化により需要が伸びるエアバッグに加え、ハンドルやウェザストリップなどをスズキ・モーター・グジャラート(SMG)社に供給します。

当社はインドを重点市場と位置づけ、2018年4月にはデリー近郊に技術・営業拠点(グルガオン事務所)を新設するなど、開発・生産体制を強化しています。2025年度までに同国での売上規模を現在の2倍以上となる350億円に拡大することを目指していきます。

 

TGMINグジャラート工場の概要【2018年10月~稼働開始】

1.所 在 地 インド国 グジャラート州 デカワダ
2.生産品目 セーフティシステム製品 (エアバッグ、ハンドル)
ウェザストリップ製品 等
3.従業員数 約330名 (2021年3月末予定)
4.面  積 土地 約75,000m2 建屋 約18,000m2

インドにおける事業体制  (3社6拠点)

インドにおける事業体制
(3社6拠点)

TGMINの概要

1.社   名 豊田合成ミンダインディア(株)
2.所 在 地 インド国 ラジャスタン州 ニムラナ (本社工場)
3.設   立 2008年4月
4.資 本 金 44億ルピー
5.株   主 豊田合成株式会社、Uno Minda Group
6.生産品目 エアバッグ、ハンドル、ウェザストリップ 等
7.従業員数 1,583名 (2018年9月末現在)


 
以上