TOYODA GOSEI

お問い合わせ

2019 70 anniversary

ニュース / お知らせ

稲沢市へLEDイルミネーションを寄贈

2018年11月19日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑 直樹)は、地域の活性化に貢献するため、愛知県稲沢市のイルミネーションイベントに協力し、LEDを使った「ペットボタル」1,000個を寄贈しました。

「稲沢イルミネーション」は、町の賑わいを創出するためのイベントとして2016年から開催されており、当社が寄贈したペットボタルは、今回を含め累計約3,700個となりました。

今回寄贈したペットボタルは、同市内にある国府宮神社の参道などに飾られ、冬の散策路を数千ものホタルが飛び交うかのような幻想的な風景を演出しています。

なお、11月17日(土)に点灯式が行われました。

※ ペットボトルの中にLEDや太陽光パネルを組み込んだ演出用の照明器具。日中に蓄積した電力を使い、暗くなると自動的に点灯する。

 

[点灯式の概要]

1. 日時  11月17日(土) 17:00~18:00

 [イルミネーション実施期間:11月17日(土)~12月24日(月) 17:00~21:00]

2. 主催  稲沢イルミネーション実行委員会
3. 場所  国府宮神社参道(愛知県稲沢市国府宮1丁目1−1)
4. 当社の寄贈品  LEDペットボタル 1,000個
5. 主な出席者  稲沢市 加藤 錠司郎 市長

 当社常務執行役員 大西 亮 他

 

点灯式の様子 参道に飾られたペットボタル 会場の様子
点灯式の様子
(左から 当社常務執行役員 大西、稲沢商工会議所 服部理事、鈴木県議会議員、岡本衆議院議員、長屋稲沢市議会議長、加藤稲沢市長)
寄贈したペットボタル 会場の様子


以上