TOYODA GOSEI

お問い合わせ

2019 70 anniversary

ニュース / お知らせ

~東日本復興支援~
岩手県釜石市・宮城県名取市にLED防犯灯を寄贈

2018年11月21日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑 直樹)は、東日本復興支援の一環として、岩手県釜石市と宮城県名取市へLED防犯灯80灯(釜石市60灯、名取市20灯)を寄贈しました。

当社は、2012年度から毎年、グループ会社のある岩手県と宮城県へLED防犯灯を寄贈しており、寄贈数は7年間で計657灯となりました。

両市の市役所で行われた寄贈式では、当社社長の宮﨑が「LED防犯灯が明るく安全な街づくりに役立つことを祈念します」と挨拶し、釜石市の野田市長、名取市の堤副市長へ目録を手渡しました。

 

寄贈式の概要

寄贈場所 岩手県釜石市 宮城県名取市
日時 11月19日(月) 15:00~ 11月20日(火) 15:00~
場所 釜石市役所 名取市役所
出席者
釜石市     野田市長、山崎副市長
豊田合成    社長 宮﨑
豊田合成東日本 社長 森川 他
名取市     堤副市長
豊田合成    社長 宮﨑
豊田合成東日本 社長 森川 他
寄贈内容 LED防犯灯60灯 LED防犯灯20灯、ポール12本

 

釜石市役所にて 市長の野田氏(左)と社長の宮﨑 名取市役所にて 副市長の堤氏(左)と社長の宮﨑
釜石市役所にて 市長の野田氏(左)と社長の宮﨑  名取市役所にて 副市長の堤氏(左)と社長の宮﨑

岩手県・宮城県へ寄贈したLED防犯灯数(内訳)

 

以上