TOYODA GOSEI

お問い合わせ

2019 70 anniversary

ニュース / お知らせ

~ロボット技術展で ’超分子の人工筋肉’ のアプリケーションを紹介~
ロボデックス展に「e-Rubber」を出品

2019年01月09日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑直樹)は1月16日から三日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で行われるロボット技術の展示会「第3回ロボデックス」に、電気と力で機能する次世代ゴム「e-Rubber」を出品します。

当社は「e-Rubber」を用いて、電磁モーターに代わる次世代の動力源として「ロボットの人工筋肉」(ソフトアクチュエータ)や、柔らかさを活かした「触覚・圧力センサやモーションセンサ」(ソフトセンサ)を開発しており、少子・高齢化を支える医療・介護支援ロボットなどでの実用化を目指しています。

昨年に続き2回目の出展となる今回は、ソフトロボットへのアプリケーションのより具体的な事例などを紹介。微妙な圧力を感知できる触覚センサを装着し、柔軟・不定形物も掴めるハンドなどを実演します。

 

主な展示内容

 ロボティクス / ソフトロボティクス
  ・コンビニ品出しロボット:おにぎりやサンドイッチなど柔らかい商品を棚に陳列
  ・おでんロボット      :殻付き卵と殻なし(茹で)卵を触覚で選別


ハプティクス 
 ・触覚共有技術:表面の凹凸や硬い/柔らかいなどの触感を、
         e-Rubber を用いて離れた場所で再現
         (慶應義塾大学と共同開発中)

医療シミュレータ

 ・SupeR BEAT:心臓の動作を再現する手術訓練シミュレータ
          (2019年秋の販売開始)

触覚を伝送・共有

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科

 
e-Rubber の活用が期待される領域

ロボティクス、IoT/ハプティクス、ソフトロボティクス、自動車、医療/介護

 以上