お知らせ 長崎県でウーゴ・ロペス選手、田中監督がスペイン連盟幹部と親睦       新監督就任のお知らせ(田中茂氏)       清須市立図書館イベントに参加
ホーム大会会場

試合予定・結果

2017.03.04(土)日本リーグ(沖縄大会)第15週 
試合会場 県立武道館アリーナ棟
対戦チーム 琉球コラソン
試合結果 勝利 [総合得点:24点×17点]
(前半12点×6点/後半12点×11点)
 

最終戦はアウェーでの琉球コラソン戦。
前半、野田選手の速攻からの連続得点。
藤田選手の要所での好セーブなどで12対6で折り返した。
後半中盤、連続の退場などで苦しい場面が続くも、粘りのDFからの速攻などで得点を重ね24対17で最終戦を勝利で終了した。


この試合で、レギュラーシーズン全日程が終了しました。
日頃からのご声援本当にありがとうございます。

創立初の、リーグ第5位となりました。来季シーズンこそは、優勝出来るチームを目指します。
今後ともよろしくお願いします。

 
2017.02.19(日)日本リーグ(刈谷大会)第14週 
試合会場 刈谷市体育館
対戦チーム トヨタ車体
試合結果 敗戦 [総合得点:30点×31点]
(前半16点×16点/後半14点×15点)
 

15戦目はトヨタ車体との愛知ダービー戦だ。
前半、序盤から相手のペースに呑まれるも、橋本選手の体を張ったポストシュートなどで食らいつき同点で前半を終えた。
後半、両者拮抗した試合展開が続き、要所で野田、樋口選手の得点などで迫るも一歩およばず31対30で惜敗した。次回は最終戦の琉球コラソン戦です。
最後まで応援のほどよろしくお願いします。

 
2017.02.18(土)日本リーグ(稲沢大会)第13週 
試合会場 TGアリーナ
対戦チーム 湧永製薬
試合結果 敗戦 [総合得点:22点×25点]
(前半12点×9点/後半10点×16点)
 

今シーズン最後のホーム大会の相手は湧永製薬。
前半、序盤からDFが機能し守って速攻という形で点数を重ねる。
12対9の三点差のいい流れで前半が終了した。
後半、相手の連続得点などで逆転されてしまう。
小塩選手のロングシュート、藤田選手のファインセーブで最後まで食らいつくも一歩及ばず25対22で惜敗した。
明日はトヨタ車体との試合です。
よろしくお願いします。

 
2017.02.11(土)日本リーグ(福岡大会)第12週 
試合会場 福岡市民体育館
対戦チーム トヨタ紡織九州
試合結果 勝利 [総合得点:31点×27点]
(前半14点×15点/後半17点×12点)
 

2017年初戦の相手はトヨタ紡織九州戦。
プレーオフに向けて、絶対に負けられない試合。

前半立ち上がりから樋口、小塩選手などの連続得点で得点を重ねる。
相手も積極的にロングシュートを打ち込み14対15で前半終了。

後半は、相手ミスからの速攻や、個人技を活かしたカットイン・シュートなど優位に展開し、勝利。
スピードあるプレーで走り勝った試合であった。

次週は今シーズン最後のホーム大会で湧永製薬との試合です。

 
2016.12.23(金)日本ハンドボール選手権大会(準々決勝) 
試合会場 エルフォルタアリーナ八王子
対戦チーム トヨタ車体
試合結果 敗戦 [総合得点:26点×30点]
(前半7点×12点/後半19点×18点)
 

準々決勝の相手はトヨタ車体との1戦。
前半は相手のペースにのまれてしまい
5点差で折り返す。
後半は立ち上がりから
小塩選手のミドルで連続得点重ね、
二点差まで詰め寄ったが、
相手のDFの固い守りに阻まれ試合終了。

2月から日本リーグが再開されますが、
今後も、応援のほどよろしくお願いします。

 
2016.12.22(木)日本ハンドボール選手権大会(3回戦) 
試合会場 エスフォルタアリーナ八王子
対戦チーム 明治大学
試合結果 勝利 [総合得点:30点×29点]
(前半15点×15点/後半15点×14点)
 

ハンドボール日本選手権が東京で行われた。
合成は23日の3回戦から出場。対戦相手は明治大学。
自分達のミスからの速攻で接戦となるが、
最後は逃げ切り勝利。
明日はトヨタ車体。応援の程よろしくお願いします。

 
2016.11.26(土)日本リーグ(稲沢大会)第11週 
試合会場 TGアリーナ
対戦チーム 大同特殊鋼
試合結果 敗戦 [総合得点:23点×24点]
(前半10点×16点/後半13点×8点)
 

今年度最終戦となるホーム三戦目は大同特殊鋼との戦い。

前半、両者点の取り合いなどで接戦だったが残り十分で退場などが続き6点差をつけられ前半を折り返した。

後半も相手のペースに飲まれかけたが、残り5分で6連取と追い上げをみせたが1歩及ばず24対23で惜敗。

シーズン後半戦は、来年2月に福岡でトヨタ紡織との試合です。

応援よろしくお願いします。

 
2016.11.19(土)日本リーグ(稲沢大会)第10週 
試合会場 TGアリーナ
対戦チーム 大崎電気
試合結果 敗戦 [総合得点:24点×29点]
(前半15点×13点/後半9点×16点)
 

ホーム2戦目の相手は大崎電気との試合。
前半序盤は両チーム点の取り合いだったがキーパー藤田のファインセーブなどで2点差を付け前半は終了した。
後半立ち上がりから二連取され同点に追いつかれると、OFでのミスから速攻などで得点を重ねられそのまま29対24で試合終了。

次週は今年最後のリーグ戦となる大同特殊鋼との1戦。応援よろしくお願いします。

 
2016.11.12(土)日本リーグ(稲沢大会)第9週 
試合会場 TGアリーナ
対戦チーム トヨタ自動車東日本
試合結果 引分 [総合得点:29点×29点]
(前半14点×15点/後半15点×14点)
 

リーグも後半戦に入り10戦目の相手はトヨタ自動車東日本。

前半は終始相手のペースに飲まれ最大で6点が開くが橋本・出村の得点を重ね前半を1点差で折り返した。

後半、武田の連続得点などで追い上げるが相手キーパーのファインセーブなどであと1歩届かず29対29の同点で終了した。
次週は同じくホームで大崎電気との試合です。応援のほどよろしくお願いします。

 
2016.11.03(木)日本リーグ(名古屋大会)第8週 
試合会場 中村スポーツセンター
対戦チーム 琉球コラソン
試合結果 敗戦 [総合得点:27点×30点]
(前半12点×12点/後半15点×18点)
 

前半、開始から連続得点などで豊田合成のペースを掴む。だか、小さなミスから逆速攻などで追いつかれ前半は同点で終了した。
後半、有利に試合を運ぶ場面も見られたが、簡単なシュートを決めれない。
7人攻撃もミスに終わるなど、流れを引き寄せる事ができず27対30で惜敗。
9戦が終わり5勝4敗。
来週はホームで東日本との対戦です。連敗は許されない1戦です。応援のほどよろしくお願いします。

 
2016.10.26(水)日本リーグ(福井大会)第7週 
試合会場 北陸電力フレア
対戦チーム 北陸電力
試合結果 勝利 [総合得点:27点×22点]
(前半9点×10点/後半18点×12点)
 

前半は両キーパーの好セーブなどで10対9とロースコアで前半を終えた。
後半、最大3点差と苦しい場面だった。
しかし、武田のロングシュート、怪我から復帰したウーゴの気迫溢れるミドルシュートなどで得点を重ねる。
さらには、藤戸の好セーブなどで守り抜き、終わってみれば27対22で快勝した。

次回は愛知県で琉球コラソンとの試合です。
応援のほどよろしくお願いします。

 
2016.10.22(土)日本リーグ(小林大会)第6週 
試合会場 小林市民体育館
対戦チーム トヨタ車体
試合結果 敗戦 [総合得点:27点×29点]
(前半13点×14点/後半14点×15点)
 

前半は一進一退の攻防が30分間続いた。
武田のロングシュート、津波古の個人技などで要所を締めて13対14で折り返す。

後半、キーパー藤田からの連続速攻、野田の活躍などで流れを掴むと最大3点のリードをする。

しかし、ラスト7分でミスによる6連続失点で逆転を許す。
そのまま、29対27で惜敗。


次週から対戦相手が2巡目に入り、福井での北陸電力戦。

応援宜しくお願いします。

 
2016.10.15(土)日本リーグ(広島大会)第5週 
試合会場 東区スポーツセンター
対戦チーム 湧永製薬
試合結果 敗戦 [総合得点:24点×30点]
(前半10点×14点/後半14点×16点)
 

開始直後から、涌永の高いディフェンスをくずしきれず、得点が伸びない時間帯が続いた。

武田のロングシュート、津波古の個人技で食らい付き、前半は4点差で折り返す。


後半は守って速攻の形で得点もでてきたが、一気に流れを掴むことはできず、24対30で惜敗。


来週は、トヨタ車体との対戦です。
応援のほどよろしくお願いします。

 
2016.09.25(日)日本リーグ(春日井大会)第3週② 
試合会場 春日井市総合体育館
対戦チーム トヨタ紡織九州
試合結果 勝利 [総合得点:27点×19点]
(前半13点×8点/後半14点×11点)
 

前半からチーム一丸となった固いディフェンスで、相手の得点を封じる中で、
小塩・今村、樋口のミドルシュートなどで得点を重ねた。


また、途中出場の上田も気迫溢れるディフェンスと連続得点で前半を5点差で折り返す。


課題であった、後半のディフェンスもしっかりと行い、会心の勝利。

気を緩めることなく、
3週間後の湧永製薬との試合に望みます。

 
2016.09.22(木)日本リーグ(東海市大会)第3週① 
試合会場 東海市民体育館
対戦チーム 大同特殊鋼
試合結果 敗戦 [総合得点:25点×28点]
(前半13点×9点/後半12点×19点)
 

今村・小塩の強打と野田・出村の巧みなサイドシュートで
前半は、合成が優位に試合を進めたが、
後半、大同の連続速攻で一気に逆転され敗戦となりました。


悔しい敗戦でしたが、
3日後のトヨタ紡織九州戦で、挽回します!

 
2016.09.19(月)日本リーグ(埼玉大会)第2週② 
試合会場 和光市総合体育館
対戦チーム 大崎電気
試合結果 勝利 [総合得点:30点×27点]
(前半15点×13点/後半15点×14点)
 

昨シーズン優勝の大崎電気ホームでの対戦。


前半から、固いディフェンス、度重なるキーパーのファインセーブもあり、互角の戦いを展開。


後半開始直後、大崎にリードを許すが、要所でウーゴ・野田の体をはった気迫溢れるプレーなどで、チーム一丸となり執念の勝利。

開幕3連勝となりました。



9/22(木)は、大同特殊鋼戦。
ご声援をよろしくお願い致します。

 
2016.09.17(土)日本リーグ(宮城大会)第2週① 
試合会場 フラップ大郷21 体育館
対戦チーム トヨタ自動車東日本
試合結果 勝利 [総合得点:33点×25点]
(前半17点×15点/後半16点×10点)
 

トヨタ自動車東日本のホーム開幕戦であり、会場内はアウェー一色。
前半は小塩のミドル・野田のサイドシュートなど2点差で前半を折り返す。

後半はゴールキーパー藤田の好セーブなどで相手に流れを譲らない。
プレーの役割を一人ひとりが果たすことができ、
津波古・ウーゴ・出村のとどめのシュートでタイムアップ。

開幕二連勝です。
次週も応援よろしくお願いします。

 
2016.09.10(土)日本リーグ(稲沢大会)第1週 
試合会場 TGアリーナ
対戦チーム 北陸電力
試合結果 勝利 [総合得点:27点×22点]
(前半12点×12点/後半15点×10点)
 

今期、開幕戦は観客満員のホームで向え、相手は北陸電力。
前半は、両者一歩も譲らず互角の展開となり同点で折り返す。
開幕戦の重圧なのか、選手の足の硬さが若干見えた。
後半は、小塩選手の連続パスカットから速攻で得点を重ねる。
また、攻撃でも大事な場面でミドルシュートが大決まり開幕戦を勝利する事ができました。
次週はトヨタ自動車東日本戦、2連勝に向けてチーム一丸で挑みみますのでご声援をよろしくお願い致します。

 
2016.09.03(土)全日本社会人選手権(4日目)順位決定戦 
試合会場 東根市民体育館(山形県)
対戦チーム 琉球コラソン
試合結果 勝利 [総合得点:31点×30点]
(前半13点×11点/後半18点×19点/延長前半4点×0点/延長後半0×2点)
 


豊田合成 31-30 琉球コラソン

(前半13-11、後半14-16)
延長(前半4-0、後半0-2)


シュートミスなどを相手につかれ、
延長戦にもつれこむ、大接戦でしたが、
全員で守り抜き、勝利することができました。


日本リーグ開幕前の前哨戦である本大会を5位で終了しました。

次週9月10日(土)から、いよいよ日本リーグが開幕します。
ご声援よろしくお願い致します!

 
2016.09.02(金)全日本社会人選手権(3日目)順位決定戦 
試合会場 東根市中央運動公園アリーナ(山形県)
対戦チーム トヨタ紡織九州
試合結果 勝利 [総合得点:34点×22点]
(前半15点×11点/後半19点×11点)
 

5〜8位トーナメントでの順位決定戦、初戦。

対戦相手は、昨シーズンの日本リーグで2敗したトヨタ紡織九州。

序盤こそ接戦であったが、中盤以降は得意のディフェンスからの速攻で得点し、快勝を収めた。

明日は、5.6位決定戦で、沖縄琉球コラソンと対戦します。

 
2016.09.01(木)全日本社会人選手権(2日目) 準々決勝 
試合会場 東根市中央運動公園アリーナ(山形県)
対戦チーム トヨタ車体
試合結果 敗戦 [総合得点:31点×34点]
(前半15点×15点/後半16点×19点)
 

勝てばベスト4となる大事な一戦。
対戦相手は昨年 日本選手権優勝、日本リーグ準優勝のトヨタ車体。

大接戦を展開したが、後半の小さなミスで勝敗が分かれた。

明日は、5〜8位決定戦に進みトヨタ紡織九州と対戦します。
しっかりと、5位を勝ち取り来週開幕の日本リーグにつなげたいと思います。

 
2016.08.31(水)全日本社会人選手権(1日目) 
試合会場 東根中央運動公園アリーナ(山形県)
対戦チーム 北陸電力
試合結果 勝利 [総合得点:34点×21点]
(前半19点×14点/後半15点×7点)
 

2016年シーズン、最初の全国大会でもあり、スタートは動きが硬かったものの、
中盤以降は、終始安定した攻守を発揮し、危なげなく勝利。

ベスト8に進出しました!