年間スケジュールはこちら

2011年度 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 | 1月 | 2月 | 3月 |

 

JBL2 2011-2012 GAME24

2012.02.25 (土) 13:00

試合会場:近畿大学記念会館

対戦相手:日立電線

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 48点×71点 10点×13点 10点×27点 17点×12点 11点×19点

【得点】
総合得点:48点
大原:13点、朝山:12点、稲葉:6点、阪下:4点、若林:3点、原田・持田・玖田・横井・西田:2点

【試合内容】
序盤は、互いにディフェンスが機能してロースコアの展開であったが、わずかなミスと相手の速攻に対応が遅れてリードを許す。
後半に入り、前日終盤のディフェンスを展開してボールを奪って連続得点で点差を縮めることに成功するものの逆転までには至らず試合終了。

【中井選手コメント】
関西出身選手も多い中、関西地区での初開催ということで、チーム一丸となり勝利に努めました。
チーム目標である「チームデフェンス」も機能したのですが、思うように得点が伸びず、敗戦してしまいました。
今回の敗戦を、「ただの負け」として捉えるのではなく、次に「繋がる負け」として捉え、
日々の練習に取り組みたいと思います。
残り3試合となりますが引き続き、ご声援をよろしくお願い致します。

JBL2 2011-2012 GAME23

2012.02.24 (金) 14:00

試合会場:近畿大学記念会館

対戦相手:黒田電気

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 70点×87点 15点×17点 10点×24点 14点×26点 31点×20点

【得点】
総合得点:70点
大原:19点、朝山・横井:9点、持田:8点、稲葉:7点、西田:6点、原田・江藤:4点、木下・阪下:2点

【試合内容】
序盤はリバウンドを支配してTGペースでリードするが、ディフェンスの踏ん張りとシュート精度が足らず逆転を許す。
後半も不運なファールが重なり点差を縮めることができず苦しい展開。
終盤は控え選手全員が体を張ったディフェンスプレッシャーで猛追するが試合終了。

【横井選手コメント】
シーズン初の大阪大会。関西出身選手が多いので、いつもと違う気合いも入り、
出だしは攻防一体の展開となりましたが、2m超えの菅谷選手を中心としたセットプレーを止めきれず、
自チームのミスから点差をつけられてしまいました。
プレーオフはなくなってしまいましたが、応援に足を運んでくださる方々ために、
また来年に繋がるように残りの試合もモチベーション高く、
頑張って行きますので応援よろしくお願いします。

JBL2 2011-2012 GAME22

2012.02.19 (日) 13:00

試合会場:岐阜ヒマラヤアリーナ

対戦相手:豊田通商ファイティングイーグルス

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 58点×89点 10点×18点 14点×23点 17点×26点 17点×22点

【得点】
総合得点:58点
江藤:18点、稲葉:10点、横井・若林:7点、原田・朝山・玖田:4点、木下・西田:2点

【試合内容】
現在、リーグトップである豊田通商との今シーズン最終戦。
序盤は、相手の高さを生かした攻撃で先行される。
持ち味であるディフェンスから速攻につなげてTGペースとなるが、
シュートがリングに嫌われて点差が縮まらず、前半を17点ビハインドで折り返す。
後半に入り相手ディフェンスのプレッシャーを受け落ち付いた対応で応戦するものの、
わずかなミスから相手外国人中心のパワープレーや精度の高いシュートが決まり点差が開いてしまう。
終盤は、選手全員がディフェンスに奮闘し、積極的に早い展開からシュートに持ち込んで追い上げをはかったが試合終了。

【玖田選手コメント】
現在リーグ1位の豊田通商との今シーズン最終戦、格上チームに対して何とか1勝をもぎ取る為に挑んだが、
相手外国人選手に要所で得点され58-89で敗れてしまいました。
チームとしては怪我人,病欠が多い中、即席のメンバー構成にも関わらず選手全員が全力で戦えることが出来ました。
”#0 原田”は外国人選手に見劣りしないリバウンドでチームに貢献したので、残りの試合も頑張りたいと思います。

JBL2 2011-2012 GAME21

2012.02.12 (日) 14:00

試合会場:鹿児島県総合体育センター体育館

対戦相手:レノヴァ鹿児島

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 52点×69点 19点×25点 13点×16点 6点×10点 14点×18点

【得点】
総合得点:52点
大原:21点、江藤:14点、若林:7点、朝山:6点、阪下:4点

【試合内容】
序盤から、相手の速攻に対応が遅れてリードを許す。
後半は、ディフェンスに奮闘して相手の長身を生かした攻撃を止めることに成功するものの、
速攻のシュートが思うように決められず得点が縮まらない展開。
終盤も積極的なシュートで追い上げをはかるが試合終了。

【原田選手コメント】
相手チームの強みであるインサイドの選手を全員で巧く守る事が出来ましたが、
序盤で許したリードが詰めきれず、昨日に続き敗戦となってしまいました。
敗戦したものの、全員で守ることが浸透しつつ、良いプレーも随所に出てきていますので、
残り6試合全員で戦っていきたいと思います。ご声援の程よろしくお願いします。

JBL2 2011-2012 GAME20

2012.02.11 (土) 14:00

試合会場:阿久根市総合体育館

対戦相手:レノヴァ鹿児島

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 73点×84点 18点×25点 14点×20点 23点×17点 18点×22点

【得点】
総合得点:73点
大原:27点、江藤:15点、稲葉:14点、朝山:6点、持田:3点、木下・阪下・持田・若林:2点

【試合内容】
前半はファールが先行しリードを許す。後半に入り、持ち味のスピードを生かした連続速攻が決まって追い上げに成功するが、
相手のディフェンスプレッシャーでわずかなミスが重なり逆転できない。終盤はファールゲームに持ち込むが、フリースローを確実に決められて試合終了。

【磯貝選手コメント】
土日連戦と体力勝負となる覚悟で鹿児島入りし、前日の練習からチーム雰囲気もよく、
チーム一丸となって初戦に挑んだが、惜しくも敗戦しました。
しかし、個々の特徴が再確認出来たことや、結束力を再確認出来た「価値ある敗戦」に
になったと感じています。残り試合もわずかですが、これからも結束力で一つでも勝利を
掴めるよう頑張っていきたい。

JBL2 2011-2012 GAME19

2012.02.05 (日) 14:00

試合会場:一宮市総合体育館いちい信金アリーナA

対戦相手:TGI・Dライズ

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 56点×95点 10点×24点 12点×21点 14点×29点 20点×21点

【得点】
総合得点:56点
若林:11点、大原:10点、稲葉・持田:6点、江藤・朝山・原田:4点、横井:3点、阪下:2点

【試合内容】
序盤は、相手外国人の高さを生かした外角シュートを止められずリードを許す。
懸命なディフェンスから速攻で応戦するが、シュートがリングに嫌われて前半を23点ビハインドで折り返す。
後半はディフェンスプレッシャーを強めて相手の攻撃リズムを乱すことに成功するも、
パス展開からシュートを確実に決められて得点差が縮まらない。
会場全体から大声援を頂き、選手全員が最後まであきらめない姿勢でボールを奪い渾身の力で
積極的にシュートに持ち込んで追い上げをはかったが試合終了。

【朝山CAPコメント】
先週の勝利のイメージを意識しながら連勝を狙いに行きましたが
相手チームの勢いを止められず、180度違う展開の試合をしてしまいました。
こちらの簡単なミスから得点を許す場面が多かったので
再度チーム内で確認をして来週の2連戦に臨みたいと思います。

このページのトップへ
 
閉じる