年間スケジュールはこちら

2011年度 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 | 1月 | 2月 | 3月 |

 

JBL2 2011-2012 GAME14

2011.12.25 (日) 14:00

試合会場:豊田合成健康管理センター

対戦相手:兵庫

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 74点×95点 24点×24点 10点×8点 17点×31点 23点×32点

【得点】
総合得点:74点
大原:20点、江藤:19点、若林・朝山:9点、阪下:6点、持田:5点、原田:4点、稲葉:2点

【試合内容】
前日の反省を生かして、前半はディフェンスに奮闘してリードを奪う。
後半は、相手のバランスの良いパス回しからファールが重なり、相手外国人に正確なシュートを決められて逆転を許す。
終盤に連続3ポイントシュートを決めて巻き返すが試合終了。

【原田選手コメント】
前日の反省を活かし、相手ガードと外人選手を巧く守ることが出来ましたが、後半は正確な
シュートとリバウンドを支配され、自分達のバスケットをする事が出来ませんでした。
2連敗したのは大変悔しいですが、 良いプレーを更に伸ばし、課題点をしっかりと修正したいと
思います。結果がついて来ていないですが、年明けの後半戦から気持ち切り替えて頑張ります!
今後ともご声援戴けます様宜しく御願い致します。

JBL2 2011-2012 GAME13

2011.12.24 (土) 14:00

試合会場:豊田合成健康管理センター

対戦相手:兵庫

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 72点×99点 29点×21点 17点×32点 13点×34点 13点×12点

【得点】
総合得点:72点
木下:14点、大原・阪下・持田:10点、稲葉:9点、江藤:8点、朝山:6点、原田・若林:2点、玖田:1点

【試合内容】
前半はディフェンスが機能し相手ボールを奪って速攻に繋げてリードするが、相手の長身を生かした攻撃とディフェンスで逆転を許す。
後半もスピードを生かした攻撃で追い上げをはかるが、なかなか得点差を縮めることができず試合終了。

【阪下選手コメント】
チームの課題のひとつであるゲームの入り方は、
アップから声を出し全員が集中して試合に臨めたと思います。
前半は持ち味であるアグレッシブな DFE から速攻に繋げる展開が出来、
試合の主導権を握ることが出来ましたが、後半は集中力が切れる場面があり、
リードを広げられ追いつくことができませんでした。
1 試合通して自分たちのバスケができるよう練習に取り組んで行きます。
これからも熱い声援よろしくお願いします。

JBL2 2011-2012 GAME12

2011.12.18 (日) 13:30

試合会場:甚目寺総合体育館

対戦相手:アイシンAW

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド 延長戦
×敗戦 93点×107点 27点×23点 23点×21点 22点×17点 15点×26点 6点×20点

【得点】
総合得点:93点
大原:21点、江藤:16点、若林:11点、朝山:10点、阪下:8点、長野:6点、木下:5点、稲葉:4点
横井:3点、原田・西田:2点

【試合内容】
アイシンAW(現在2位)との今シ-ズン第2戦目。
序盤は、両チ-ム共に激しい速攻で点の取りあいとなるが相手シュートミスのリバウンドを支配し、
前半を6点リードで折り返す。
後半序盤も、全員ディフェンスで点差をキープするが、終盤に相手の怒涛の追い上げで同点に追いつかれ、
今シーズン初めての延長戦に突入。
延長序盤は相手の勢いを止めることに成功するも、
相手のディフェンスプレッシャーでわずかにシュートが外れて得点が伸びず試合終了。チーム全員一丸で挑むも惜敗。

【若林選手コメント】
序盤からペースを掴みリードしていましたが、後半逃げ切れず連勝とはなりませんでした。
ただ、ウチの良いところがたくさん出た試合でした。
何より、課題の一つである得点力不足についても、AWのようなディフェンシブなチーム相手に
90点を超える試合運びが出来たのは収穫かなと思います。
もちろん、まだまだ課題はたくさんありますが一つ一つ克服して、
今回の延長戦のようなタフな試合でも勝ち切れるように頑張りますので、応援宜しくお願いします!!

JBL2 2011-2012 GAME11

2011.12.10 (土) 11:30

試合会場:墨田区総合体育館

対戦相手:黒田電気

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
○勝利 68点×50点 14点×11点 18点×10点 21点×15点 15点×14点

【得点】
総合得点:68点
西田・大原・朝山:10点、木下・横井:9点、江藤:6点、阪下:5点、稲葉:4点、若林:3点、中井:2点

【試合内容】
黒田電気との今シ-ズン第2戦目。序盤は、両チ-ム共にディフェンスが機能しロ-スコアスタ-トとなるが、
相手のミスから速攻につなげて着実に得点を伸ばし前半を11点リードで折り返す。
後半に入ってからも、全員ディフェンスで相手のシュートミスを拾って早い展開に持ち込んで点差を突き放す。
終盤は、相手の追い上げにあうものの集中力を切らすことなく落ち着いたゲーム展開に切替えて試合終了。
第1戦目の大敗からチーム全員で勝ち取った執念の1勝となる。

【横井選手コメント】
前半から辛抱強く守り、点差を広げて行く事ができ、
自分達のペースを崩すことなく3勝目を上げることが出来ました。
得点が誰かに集中することなく点が取れた事や、
リバウンドもセンターだけに限らず全員が絡めたことが1番の成果であり、
チームバスケットを繰り広げられたこの1勝は非常に価値あるものだと思います。
まだまだ簡単なミスがあるので、練習で修正し後半戦巻き返しを図りたいと思います。

JBL2 2011-2012 GAME10

2011.12.04 (日) 11:30

試合会場:パークアリーナ小牧

対戦相手:豊田通商

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 75点×88点 25点×21点 16点×17点 16点×30点 18点×20点

【得点】
総合得点:75点
江藤:28点、稲葉:10点、木下:7点、持田:6点、横井:5点、西田・阪下・玖田:4点、若林:3点
磯貝・持田:2点

【試合内容】
無敗の王者 豊田通商との今シーズン2度目の対戦。
序盤は、相手外国人の高さを生かした攻撃で先行されるが、
持ち味であるディフェンスから全員速攻で着実に加点して逆転に成功。
無敗の王者相手に前半を3点リードで折り返す。
後半は相手ディフェンスのプレッシャーを受け、落ち付いた対応で応戦するものの、
相手外国人中心のパワープレーや精度の高いシュートで逆転される。
終盤は、選手全員がディフェンスに奮闘し、積極的にシュートに持ち込んで再逆転を信じて
追い上げをはかったが試合終了。

【西田選手コメント】
一巡目で出てきた課題から、「チームのやるべきこと」を共通認識として意識し望んだ豊通戦。
前半はOFF/DFE共にアグレッシブに仕掛け先制出来ましたが、後半は相手の速い展開を止めることができず、
結果的に連敗となりました。
次の試合でもチーム一丸となり、一試合通じて粘り強く戦えるよう、練習から取り組んでいきます。

このページのトップへ
 
閉じる