年間スケジュールはこちら

2011年度 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 | 1月 | 2月 | 3月 |

 

JBL2 2012-2013 GAME13

2012.11.23 (金) 14:00

試合会場:ブレックスアリーナ宇都宮

対戦相手:TGI Dライズ

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 91点×102点 12点×28点 27点×28点 21点×17点 31点×29点

【得点】
総合得点:91点
大原:30点、若林:15点、伊藤:13点、隅廣:12点、阪下:9点、長野:5点、持田:4点、原田:3点

【伊藤選手コメント】
敵地で何とか勝利をもぎ取ろうと全員で気合を入れて望んだ一戦でしたが、
立ち上がりからゲームへの入り方が悪く、大きくリードされる苦しい展開となりました。
17点のビハインドで折り返した後半は、前線から激しいプレッシャーをかけるディフェンスに切り替え、
相手に疲れが見え始めた4Qに一気に点差を縮めることができました。
しかし、要所で相手の外角シュートを止められず、1ケタの点差まで詰め寄った最終盤は
ファウルゲームに持ち込みましたが、フリースローを確実に決められ逆転することはできませんでした。

序盤につけられた点差が最後まで響いた結果となってしまいましたが、
後半のようなハードなディフェンスから速攻につなげるバスケットを、試合を通じて継続できれば、
上位チーム相手でも互角以上に戦えるという手ごたえは感じました。
課題はまだまだありますが、自分たちのバスケットを信じ、練習から常にハードなプレーを心がけながら、
チームとしてレベルアップできるよう頑張っていきたいと思います。

12月はホームゲームが多く開催されます!健康管理センターでの試合もあります!
会場に足を運んでくれた方々に勝ち試合を見せられるよう、全力で戦っていきますので、
今後も熱い応援よろしくお願いします!!

JBL2 2012-2013 GAME12

2012.11.18 (日) 14:00

試合会場:姶良総合運動公園体育館

対戦相手:レノヴァ鹿児島

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 89点×102点 23点×19点 14点×26点 29点×30点 23点×27点


【得点】
総合得点:89点
大原:40点、若林:12点、持田・隅廣:10点、阪下:9点、朝山:6点、伊藤:2点

【持田選手コメント】
序盤から激しいディフェンスから、ファーストブレイク、自分たちのスタイルからのシュートと、いい形で試合に入ることが出来ました。
前日の課題のリバウンドも全員が意識を高め、相手に簡単に取らせないようにすることができ、前半はほぼ互角の戦いができました。

後半は相手のシュートも決まり、一時10点差まで離され我慢の時間帯でしたが、
そこから前半以上の激しいディフェンスからのファーストブレイクと3Pで残り5分で逆転に成功しました。
しかし、そこからターンオーバーと相手のゴール下のシュートにやられ敗れてしまいました。
負けはしましたが、ここまでで一番の試合内容でした。
次は内容だけでなく、勝利という結果に繋げていけるよう、チーム一丸となって頑張ります!!!

年内はホームゲームが多くあるので、多くの方に会場に足を運んでいただけたら嬉しいです。
応援よろしくお願いします!!!

JBL2 2012-2013 GAME11

2012.11.17 (土) 18:00

試合会場:姶良総合運動公園体育館

対戦相手:レノヴァ鹿児島

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 60点×86点 4点×19点 16点×21点 18点×27点 22点×19点

【得点】
総合得点:60点
大原:19点、隅廣:11点、持田:9点、若林・阪下:6点、原田:3点、江藤・朝山・伊藤:2点

【持田選手コメント】
試合開始からなかなかシュートが決まらず、逆に相手にはゴール下を支配され、苦しい立ち上がりとなりました。
メンバーチェンジやディフェンスをハードにし流れを引き戻そうとしましたが、この試合の課題であったリバウンドが取れず。

後半からは、自分たちの形からシュートを決められるようになり、点差も少しずつ縮まりました。
自分たちのミス、そして相手の高さにやられ、またもリバウンドを支配されてしまいました。
試合前に課題にしていたことを一試合通して出来ず課題の残る試合となってしまいましたが、
気持ちを切り替え課題を修正し、次の試合に望みたいと思います。

JBL2 2012-2013 GAME10

2012.11.11 (日) 12:45

試合会場:パークアリーナ小牧

対戦相手:東京海上日動ビッグブルー

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
○勝利 87点×62点 25点×8点 19点×14点 27点×16点 16点×24点

【得点】
総合得点:87点
大原:19点、隅廣:17点、若林:11点、横井:10点、江藤:8点、持田:7点、阪下・伊藤:4点、稲葉:2点

【隅廣選手コメント】
昨日の敗戦を踏まえ、選手でミーティングをしてチーム全員で臨んだ東京海上日動戦 。
この日は、昨日の反省もあり序盤からスコーピオンズらしいアグレッシブなプレイが続き、
立ち上がりから大きくリードする展開となりました。
交代して入っていく選手も一人一人持ち味を活かしたプレイができました。
後半になっても、流れを相手に渡さず終始スコーピオンズらしい戦いができ、今シーズン2勝目。
チーム全員で戦えた試合であったと思います。

この2日間の試合で得た課題は今後のシーズンに向けて、とても大切だと感じました。
シーズンはまだまだ続きますが、1試合毎にチームとして成長していけますよう、日頃の練習から集中して取り組んでいきます。

今後も、スコーピオンズらしい戦いをチーム全員で目指していきますので、どうか応援のほど宜しくお願いします。

JBL2 2012-2013 GAME9

2012.11.10 (土) 12:45

試合会場:パークアリーナ小牧

対戦相手:デイトリックつくば

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 63点×81点 18点×16点 8点×17点 11点×20点 26点×28点

【得点】
総合得点:63点
大原:25点、持田:8点、隅廣:7点、朝山・木下:6点、江藤:5点、若林:4点、原田:2点

【隅廣選手コメント】
今シーズンからJBL2に参入したデイトリックつくばとの初めての対戦でした。
序盤から全体的に動きが硬く、相手のリズムに合わせてしまう展開でした。
相手のミスもあったものの、それを自分たちの流れに持っていけない状態が続きました。
後半になっても、アグレッシブなプレイができず、自分たちのミスからさらにリードを許す苦しい展開になりました。
流れをを変えようとゾーンDefに切り替えるもののリバウンドが取れず、流れを断ち切ることが出来ないまま、相手に余裕を持たれ悔しい敗戦となりました。
自分たちの力を出せず、今シーズンで一番内容の悪い試合となってしまいました。
この日、たくさんの方々が応援に来て下さったにも関わらず、期待に応えることが出来なかったのと、
自らが満足出来ない試合展開になってしまいましたが、気持ちを切り替えて明日の東京戦に望みます。

JBL2 2012-2013 GAME8

2012.11.04 (日) 14:00

試合会場:豊田合成健康管理センター

対戦相手:兵庫ストークス

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 61点×90点 24点×18点 14点×13点 12点×28点 11点×31点

【阪下選手コメント】
昨日は、試合の入り方が良くなかったので、アップからしっかり声を出して全員が集中して試合に臨めたと思います。
前半は持ち味であるアグレッシブなDFEから速攻に繋げる自分達のバスケットが展開でき試合の主導権を握りましたが、
後半は要所で相手の高さ・巧さを止めることが出来ず、リードを広げられ追いつくことができず、
昨日に続き非常に悔しい敗戦となりました。

1試合通して自分たちのバスケができるよう、
練習の中からこだわって練習を実施し自分たちのバスケットを確立していきたいと思います。
これからも熱い声援よろしくお願いします。

JBL2 2012-2013 GAME7

2012.11.03 (土) 14:00

試合会場:豊田合成健康管理センター

対戦相手:兵庫ストークス

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 63点×99点 10点×26点 8点×23点 20点×22点 25点×28点

JBL2 2012-2013 GAME7

【得点】
総合得点:63点
大原:19点、阪下:14点、伊藤:8点、木下:7点、隅廣:6点、若林:4点、持田・横井:2点

【阪下選手コメント】
前半いい形でシュートが打てましたが、リングに嫌われ自分たちのペースで試合を進めることができませんでした。
逆に相手のシュートが高確率で決められ、前半終わって31点差をつけられる展開となってしまいました。
後半は出だしからDFEをハードにしたことによって、スコーピオンズらしく早い展開から攻めることが出きました。
しかし、追いつくことはできず、悔しい敗戦となりましたが、次の試合に繋がる後半が展開できたと思います。

このページのトップへ
 
閉じる