年間スケジュールはこちら

2011年度 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 | 1月 | 2月 | 3月 |

 

NBDL 2015-2016 第15節

2016.02.28 (日) 15:00

試合会場:エスフォルタアリーナ八王子

対戦相手:東京八王子トレインズ

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 67点×81点 16点×19点 16点×14点 18点×21点 17点×27点

【得点】
総合得点:67点
森川:26点、富田:11点、阪下:8点、隅廣:7点、藤田:6点、井林:4点、持田:3点、大八木:2点

【隅廣選手コメント】
昨日の試合の反省をして臨んだ2戦目。チーム内で話し合ったオフェンス・ディフェンスの決まりごとを意識しました。

昨日と比べると、ボールは回るものの連続得点できない状況から流れを掴むことができず、一進一退の膠着状態で苦しい展開が続きました。

後半には、相手チームに連続得点を奪われ惨敗となりました。
連続得点を奪うには、当然オフェンス・ディフェンスの両方で集中力が必要とさせるなかで、ちょっとした隙が失点につながり相手チームに流れを奪われた原因だと感じました。

練習でやってきたことや各ポジションごとに要求されていることを個々が発揮し
更には、小さなことの積み重ねを1試合を通して継続できるかが個人・チームに求められています。

自分自身、要求に対してまだまだ応えられていない試合が続いているので、しっかりと役割を整理した状態で次戦に挑みたいと思います。
テーマは、スピーディーに・流動的に!

応援の程、よろしくお願い致します。

NBDL 2015-2016 第15節

2016.02.27 (土) 17:00

試合会場:エスフォルタアリーナ八王子

対戦相手:東京八王子トレインズ

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 66点×96点 20点×17点 18点×18点 12点×28点 16点×33点

【得点】
総合得点:66点
森川:13点、持田・柳内:12点、富田:10点、大八木:7点、阪下:6点、隅廣・藤田・井林:2点

【藤田選手コメント】
連敗が続く中、なんとしても勝利したいという思いで挑んだ1戦でした。

序盤から相手チームにゾーンディフェンスをひかれるも、チームでしっかりと相手の状況が見えており、
うまく得点する事ができました。
ディフェンスがなかなか機能せず点を取ってもすぐに返される苦しい時間が続きましが、なんとかリードを守りきり前半を終える事が出来ました。

後半に入り相手チームのディフェンスの変化に対応できず、ディフェンスもうまく機能していなかったとこから一気に突き離されてしまいました。
オフェンス・ディフェンスの両方で普段から練習している事が全く表現できず、悔しい結果となりました。

個人的に、ディフェンス面では簡単に相手にボールを持たせて好きなようにプレーをさせてしまい、オフェンス面では、前半は果敢に攻めるプレーをできましたが、後半に入りそれが無くなっていました。
シュートを打つべきポイントでパスしてしまうなど、消極的なプレーが目立つ試合だったと思います。

試合が終わった後に、もっと攻めればよかったなどいろいろと考えてしまいましたが、
これからは試合の後に後悔が残らないよう1つ1つのプレーを大切にしようと強く感じました。
また、これらの課題を少しでも克服していけるように日々努力していきます。

ここまで連敗が続き非常に苦しい状況ですが、残りの7試合決して下を見ず、前だけを向いて突き進んでいきます。
アウェイでの試合が続きますが、チーム一丸となり戦っていきますので、今後も豊田合成スコーピオンズのご声援宜しくお願いします。

NBDL 2015-2016 第14節

2016.02.21 (日) 14:00

試合会場:静岡県武道館

対戦相手:アースフレンズ東京Z

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 52点×69点 6点×17点 12点×16点 17点×16点 17点×20点

【得点】
総合得点:52点
森川:12点、富田:10点、藤田:7点、隅廣・井林:6点、アビブ:4点、持田:3点、大八木・柳内:2点

【阪下選手コメント】
前日の試合では相手外国人選手の高確率なゴール下付近のシュートとスクリーンプレーからのアウトサイドシュートを徹底して止めるようにミーティングで話し合って試合に臨みました。

序盤、相手外国人選手のゴール下を全員でローテーションしながらダブルチームでディフェンスしましたが、ノーマークのプレーヤーにミドルレンジのシュートを高確率に決められ、得点も伸びず苦しい展開となりました。

後半は互角の攻防で、一時は9点差まで縮め追い上げをみせましたが、相手チームも外国人選手の安定したゴール下、リバウンド・高確率なアウトサイドシュートで点差を広げ、52-69で敗れ悔しい試合となりました。

この試合を通じて、相手外国人選手にマッチアップされているときはもっと思い切って1ON1をしかけたりシュートを狙っていくようなプレーができればよかったなと思います。
また、ディフェンス面でも簡単に2点をとられないようにもっと激しくぶつかっていき、相手外国人選手が嫌がるディフェンスができるように頑張っていきたいと思っています。

試合での結果がなかなか出せず、怪我人が多く厳しい状況が続いていますが、何とか勝とうともがき苦しんで頑張っていますので、3/21の最終戦まで熱い声援をよろしくお願い致します。

NBDL 2015-2016 第14節

2016.02.20 (土) 16:00

試合会場:静岡県武道館

対戦相手:アースフレンズ東京Z

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 59点×81点 17点×23点 12点×21点 20点×26点 10点×11点

【得点】
総合得点:51点
森川:22点、隅廣:14点、富田:9点、大八木:6点、阪下:4点、アビブ・井林:2点

【井林選手コメント】
豊田通商ファイティングイーグルス名古屋戦での反省点を修正する為、ディフェンスの強化を意識し試合に挑みました。

序盤、意識しないといけないディフェンス面で激しさや粘り強さが足りず失点が多くなってしまいました。
後半から、再度ディフェンス面を意識するも相手の勢いを止めることが出来ず、そのまま試合を決められ敗戦となりました。

個人的には、アーリーエントリーして初出場することができ、先輩たちの助けも借りながらなんとか初得点を取ることができました。
まだまだ、チームの為にプレー出来ていないので少しでも早くチームに必要とされるような選手になりたいと思います。
また、自分自身の目標として見てくれている観客の方々に自分のプレーを見て、感動してもらえるような選手になりたいです。

これからも豊田合成スコーピオンズの応援を宜しくお願いします。

NBDL 2015-2016 第13節

2016.02.14 (日) 13:00

試合会場:春日井市総合体育館

対戦相手:豊田通商ファイティングイーグルス

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 71点×88点 21点×23点 14点×25点 16点×21点 20点×19点

【得点】
総合得点:71点
森川:25点、富田:11点、藤田:8点、持田:7点、隅廣:6点、佐藤:5点、阪下:4点、水越:3点、大八木:2点

【佐藤選手コメント】
前日に敗戦した反省点を試合前に選手間で話し合い試合に挑みました。
序盤からオフェンスでは#6 森川選手のシュートが高確率で決まり、豊田通商に引けをとらないオフェンスの展開でした。
また、ディフェンスでは相手外国人選手に対してダブルチームを仕掛けミスを誘う形をとりましたが、
ディフェンスでのファールが目立ち、前半だけで相手にフリースローを10本以上決められる展開となってしまいました。

後半に入り、相手チームにオフェンスリバウンドをとられるケースが多くなり、そこでもファールが鳴りフリースローを決められ、点差も少しずつ離れていき、最後の最後までチーム全員で全力で挑みましたが点差を埋めれず敗戦しました。
これからの試合で相手外国人選手をどれだけ抑え、ディフェンスリバウンドをしっかりとることが勝利の鍵だと感じました。

個人的には、今回アーリーエントリーで初出場し初得点をすることができました。
短いプレイタイムでしたが、初めてコートに立てたことがとても嬉しく、楽しかったです。
もっとプレイタイムをもらえるよう日々の努力を怠らず、自分の持ち味を出せるように頑張っていきます。

これからも応援よろしくお願いします。

NBDL 2015-2016 第13節

2016.02.13 (土) 13:00

試合会場:春日井市総合体育館

対戦相手:豊田通商ファイティングイーグルス

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 45点×79点 11点×23点 11点×16点 15点×24点 8点×16点

【得点】
総合得点:45点
隅廣・森川:15点、柳内:5点、藤田:4点、阪下・アビブ・大八木:2点

【水越選手コメント】
来シーズンから新リーグとなるため豊田通商ファイティングイーグルスとできる最後の2試合。
今まで勝ったことのない相手からなんとか1勝を!という気持ちで望んだ1戦でした。

序盤、相手外国人選手にダブルチームを仕掛けミスを誘いますが、上手さと高さでシュートを決められてしまいました。
スコーピオンズもピックandロールやスクリーンプレーでズレを生み出し外角シュートを積極的に狙いますが、相手の確率の高いシュートに対しスコーピオンズのシュートは嫌われ、相手に大きくリードをつけられてしまい45-79で敗戦となりました。

個人としては、怪我(足の骨折)で出遅れてしまいましたが、今シーズン初出場を果たすことが出来ました。
これまでの競技人生でこんなに大きな怪我をした事が無く、またコートに立って復帰出来るかわからない不安な気持ちで、5ヶ月間チームを離れリハビリに励みました。
リハビリ期間は体を自由に動かせず、地道なトレーニングで非常に辛い時期が続きましたが、今日コートに立った時、「コッシー!」と名前を呼んで頂いたり、試合後「復帰おめでとう」というお言葉を頂き,本当に復帰出来て良かったな。と心から思いました。
色んな方々に支えられて、プレーが出来る喜びを噛み締めて、残りの試合を精一杯戦っていきます。

残り試合はアウェイ戦が続きますが、チーム一丸となり戦っていきますので、今後も豊田合成スコーピオンズのご声援宜しくお願い致します!

NBDL 2015-2016 第12節

2016.02.07 (日) 14:00

試合会場:名東スポーツセンター

対戦相手:東京海上日動ビッグブルー

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 76点×81点 10点×27点 26点×15点 19点×15点 21点×24点

【得点】
総合得点:76点
森川:22点、大八木:18点、隅廣:15点、富田・柳内:6点、阪下:4点、持田・藤田:2点、アビブ:1点

【富田選手コメント】
前日の試合で大原選手が肩を負傷しチームの中心が不在の中、大原選手の分までチームで一致団結し望んだ2戦目。
試合開始から、相手の外国人選手を基点に攻められ追いかける展開となりました。
しかし、2Qに入り若手選手の活躍もあり前半を6点差で折り返しました。
後半から、スコーピオンズらしい場面もみえはじめリバウンドからの速攻で得点を重ねるなど一進一退の攻防が続き4Q残り1分30秒で同点に追いつきましたが、大事な場面でのミスが続き悔しい敗戦となりました。

自分自身この2試合でガードとしてゲームプランにおいては、勝負所での見極めができず
試合を優位に運ぶことができなかったのが反省点かと思います。
しかし、チームとして意思疎通が感じられる一戦となりました。

残りの試合では、この2試合の反省を活かしつつミスを減らし接戦を勝ちきれるチームにしていきたいと思いますので今後とも応援宜しくお願い致します。

NBDL 2015-2016 第12節

2016.02.06 (土) 14:00

試合会場:名東スポーツセンター

対戦相手:東京海上日動ビッグブルー

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
○勝利 90点×83点 13点×21点 21点×18点 20点×19点 36点×25点

【得点】
総合得点:90点
大原:30点、富田・隅廣:11点、阪下:9点、藤田:8点、大八木・森川:6点、アビブ:4点、柳内:3点、持田:2点

【アビブ選手コメント】
ゲームの開始から相手の3ポイントシュートやMathew Kyle 選手のインサイドプレイで1Qで15点取られてしまいした。
しかし、2Qに入り激しいデフェンスからファストブレイクからのレイアップで5点差まで縮めることができました。
後半は勝負所で#11 大原選手や#13 富田選手などの3ポイントシュートでリードし、7点差で後半戦初勝利をすることができました。
長期離脱から復帰し試合に出始めましたので、次週の豊田通商戦で勝利できるように貢献します。
是非ご応援よろしくお願いします。

このページのトップへ
 
閉じる