年間スケジュールはこちら

2011年度 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 | 1月 | 2月 | 3月 |

 

NBDL 2015-2016 第18節

2016.03.20 (日) 14:00

試合会場:いちき串木野市総合体育館

対戦相手:レノヴァ鹿児島

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 73点×75点 28点×12点 18点×16点 19点×27点 8点×20点

【得点】
総合得点:73点
森川:13点、藤田:12点、富田・若林:10点、柳内:9点、阪下:8点、隅廣:7点、伊藤・水越:2点

【伊藤選手コメント】
レノヴァ鹿児島との今シーズン最終戦。是が非でも勝利をもぎ取りたい一戦でしたが、序盤に奪った大量リードを守りきれず
非常に悔しい逆転負けとなってしまいました。

相手の勢いに押されて大敗した前日の反省を踏まえ、全員が気持ちを全面に出したハードディフェンスと積極的にゴールに向かう姿勢で
臨むことをミーティングで確認し、試合に入りました。
立ち上がりがら思い切りの良いシュートが決まりペースをつかむことができましたが、
中盤以降相手のリバウンドを止めることができず多くのセカンドチャンスを与えてしまいました。
40分間粘り強いディフェンスを徹底できない、今年のチームの課題が最終戦でも克服できませんでした。

チーム全員が勝ちたいという気持ちを強くもち、それを表現していたと思います。また、ベンチも含めチーム一丸で戦った試合だったと思います。
でも、勝ち切ることができなかった。この事実をしっかりと受け止め、来シーズンは今まで以上に「勝利」にこだわって
やっていく必要があると感じました。

最終節は鹿児島県でのゲームにもかかわらず、多くの方が応援に駆けつけていただきありがとうございました。
たくさんの方に支えられてバスケットができていることを実感しながら楽しんでプレーすることができ本当に感謝しております。
来シーズンも豊田合成スコーピオンズの応援をよろしくお願いいたします。

NBDL 2015-2016 第18節

2016.03.19 (土) 15:00

試合会場:鹿児島アリーナ

対戦相手:レノヴァ鹿児島

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 79点×104点 16点×19点 12点×29点 26点×25点 25点×31点

【得点】
総合得点:79点
森川・柳内:16点、藤田:13点、隅廣:9点、水越:7点、阪下:6点、富田・持田:5点、伊藤:2点

【原田選手コメント】
最終節を何としてでも勝利で終えようと、平日の練習でも全員が集まりこの試合の為に最大限準備をしてきました。

開始早々、相手外国人選手に高確率で3ポイントシュートを決められるなど苦しい展開が続きました。

2Qでは相手ガード陣の機動力を生かしたディフェンスや素早いトランジションから次々にレイアップシュートまで繋げられ前半で20点差をつけられてしまいました。

後半は点の取り合いとなり一時は追い上げますが、前半の点差を詰める事が出来ず悔しい敗戦となりました。

個人的にはケガにより試合に出場出来ませんでしたが、バスケットの技術は別として死に物狂いで走るなど、今回の試合に掛ける想いは相手チームの方が何枚も上手であり、それが今回の結果に繋がったのではないかと思います。

今シーズンは敗戦続きにも関わらずファンや職場の方々等、最後まで沢山の応援ありがとうございました。
この結果を真摯に受け止め、またこの経験を無駄にしないよう来シーズン1から出直したいと思います。

応援本当にありがとうございました。

NBDL 2015-2016 第17節

2016.03.13 (日) 14:30

試合会場:千種スポーツセンター

対戦相手:アイシン・エィ・ダブリュアレイオンズ安城

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 61点×66点 14点×13点 16点×15点 14点×24点 17点×14点

【得点】
総合得点:61点
柳内:18点、藤田:10点、森川:9点、阪下・隅廣:6点、持田・井林:4点、アビブ:3点、大八木:1点

【柳内選手コメント】
今シーズンのホーム最終戦。
応援してくださる方々、サポートしてくださる方々、そして自分達のために「絶対に勝つ」という気持ちで試合に臨みました。

序盤は両チーム共に激しいディフェンスで得点が伸びませんでしたが、
スコーピオンズはボールと人が動く、連携の取れたオフェンスで良い形を作る所までは出来ていました。
また、苦しい時間帯もチームで粘ることができ、前半は2点リードで折り返しました。

3Qに入り、立て続けにミスをしてしまいその間に相手チームに得点を許し、点差が開き
4Qでは、ディフェンスを激しくしオフェンスのペースを上げて逆転を狙い、追い上げに成功しましたが点差が5点に迫ったところで試合終了。
チームとして良い時間帯がありましたが、勝負所で相手チームの激しいディフェンスに苦しみ、勝利する事が出来ませんでした。

チームとして、接戦や良い試合には持ち込めるのですが、勝ちきることができません。
勝負所で勝ちきる事が次の課題だと感じています。

また、個人としては前日の試合では納得のいくパフォーマンスが出せずに終わってしまいました。
試合後に先輩から「自分の役割、求められていることを考えてプレーする事が大切」とアドバイスを頂き、
翌日の試合は「自分に求められている事を愚直にやろう」と思い試合に臨んだ結果、前日より良いパフォーマンスをする事が出来ました。


今シーズンは残り2試合ですが、少しでも多く勝ちたいと思っています。勝つ為、勝ちきる為には何が必要かを考え、最終節に準備します。

ホーム最終戦では勝利することができませんでしたが、沢山の応援ありがとうございました。
今週の鹿児島戦は必ず良い報告が出来るようにチーム全員で頑張りますので、応援の程、よろしくお願い致します。

NBDL 2015-2016 第17節

2016.03.12 (土) 14:30

試合会場:千種スポーツセンター

対戦相手:アイシン・エィ・ダブリュアレイオンズ安城

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 68点×80点 19点×20点 13点×17点 24点×12点 12点×31点

【得点】
総合得点:68点
森川:18点、隅廣:17点、阪下:15点、佐藤:6点、大八木・藤田:4点、持田・井林:2点

【大原選手兼アドバイザーコメント】
久々のホーム戦ということで、なんとしても連敗を止めたい試合。

出だしからホームの声援を後押しに、積極的なディフェンスからの速攻でリードを奪いますが、
得点が停滞している間に逆転され、前半を5点ビハインドで終えます。
ハーフタイムで再度ディフェンスの強化を確認し、3Qで逆転!7点リードで最終クウォーターを迎えます。
しかし最終クウォーターに入り、逆に相手のディフェンスが激しくなりミスを連発。
一気に逆転を許し悔しい敗戦となりました。

3Q終了まではベストゲームができたと思いますが、流れを掴むべきところで相手の激しいディフェンスに煽られ、
流れを持っていかれてしまったことが敗因ポイントだと思います。
大事な場面での意思統一、味方が困っているときのつなぐ意識、
自分が突破するんだという強い気持ちが足りなかったと感じました。

一人ひとりがあと少しずつ積極性を持ち、ゴールに向かう。
特に若い選手にはミスを恐れずに思い切って得点を狙いにいってほしいと思います。

連敗が続いていますがチームの雰囲気は悪くないので、最後まで戦い抜きます!
シーズン終了まで応援よろしくお願いします!

NBDL 2015-2016 第16節

2016.03.06 (日) 11:30

試合会場:墨田区総合体育館

対戦相手:大塚商会アルファーズ

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 59点×89点 15点×19点 8点×21点 15点×24点 21点×25点

【得点】
総合得点:59点
阪下・柳内:10点、富田:8点、森川:7点、隅廣・藤田:6点、持田:5点、若林:3点、伊藤・山下:2点

【山下選手コメント】
前日の試合ではディフェンスに重点をおくことでオフェンスにも流れができ、接戦に持ち込むことができたため
ディフェンスの良かった所を継続しつつ、外国人の高さに対応しようと試合に臨みました。
しかし、試合開始から足がとまってしまい、なかなか得点が決まらず何とか守ろうと必死にディフェンスを
するものの、外国人の高さに対応できず徐々に点差を離され前半で17点のビハインドとなってしまいました。

後半で一気に追いつこうと良い形で攻めることができたもののシュートを決めきれず、逆に相手には確実にシュート
を決められ点差を縮めることができず完敗。
チームでの決まりごとの徹底度が上がってきており、うまく機能する場面が増えてきていますが、
まだまだ勝負どころで甘さが出てしまい、日ごろの練習で徹底度をあげなければと思いました。

個人的にはなかなか試合に出られず苦しいシーズンを送っていますが、ようやく得点を記録できたことは自分にとって
大きな収穫かと思います。課題は盛り沢山ですが、何が優先かを考えて一つずつ克服していきたいです。

今シーズンも残すところ4試合となりました。
連敗が続き非常に苦しいシーズンではありますが、少しでも勝ち星を増やせるよう上を向いて進んでいきます。
次はホーム最終戦となります。ぜひ会場に足を運んで頂き一緒になって戦いましょう!
応援よろしくお願いします。

NBDL 2015-2016 第16節

2016.03.05 (土) 14:30

試合会場:墨田区総合体育館

対戦相手:大塚商会アルファーズ

試合結果 勝敗 総合得点 第1ピリオド 第2ピリオド 第3ピリオド 第4ピリオド
×敗戦 80点×85点 22点×17点 13点×16点 18点×20点 27点×32点

【得点】
総合得点:80点
森川:35点、富田:15点、持田:13点、藤田:6点、隅廣:4点、柳内:3点、阪下・伊藤:2点

【森川選手コメント】
上位チームの大塚商会との2連戦。
序盤では、ゾーンディフェンスに対して、セレクション良く攻めることが出来たので、着実に加点することが出来ました。
ディフェンス面でも、強めのプレッシャーによって、ミスを誘い、トランジションオフェンスで更に加点することが出来ました。
しかし、スコーピオンズにもミスが続き、連続で得点を許してしまい、2点リードを前半を終えました。
後半に入り、セカンドチャンスからの得点を許し逆転されましたが、終盤には、連続得点で追いすがるも、あと1歩届かず敗戦となりました。

ディフェンスをチームでもう一度見直し、ディナイやボールマンへのプレッシャーを強めることによって、上位チームに対しても接戦に持ち込むことができたのは自信に繋がりました。
ただ、勝ちきれない原因については、要所でのリバウンドでした。
1つのリバウンドから流れを断ち切られ、あと1歩を引き離せない、あと1歩粘ることができないということを痛感しました。

個人的には勝負所でのミスが目立ち、普段の練習から個人・チームで緊迫した試合さながらの雰囲気を作り出すことを、今まで以上に心掛けるべきだと感じました。
また、終盤に、もっとコミュニケーションを増やし、チームを鼓舞していくことを意識していきたいです。
確実に次につながる内容だと思うので反省で終わらせず、次節のホーム最終戦に活かしていきたいと思います。

ホーム最終戦は、日頃からスコーピオンズを支えて頂いた多くの方々に感謝を込めて、恩返しができるような熱い試合、そして勝利をお見せしたいと思います!
是非会場にお越し頂き、共に会場を盛り上げましょう!!応援の程よろしくお願い致します!

このページのトップへ
 
閉じる