TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

米国で内外装部品の生産能力を強化

2021年09月13日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:小山享)は、重点市場である北米での自動車部品の生産体制の強化に向け、米国の子会社であるTGミズーリ株式会社の生産能力を強化します。

同社では、ラジエータグリルなどの内外装部品の販売拡大に対応するため、本社工場(ペリビル工場)を拡張したほか、インディアナ工場で新たに建屋を購入し、成形機や塗装設備などを導入します。なお、投資額は約40億円であり、最新の省エネ設備を導入し、環境にも配慮したモノづくりを推進していきます。

TGミズーリの概要

表は左右にスクロールできます

社 名 TG Missouri Corporation 設 立 1986年4月
資 本 金 3,000万米ドル
株 主 豊田合成ノースアメリカ(株) 80%、三井物産(株)20%
(当社グループの米州統括拠点)
工 場 名 ペリビル工場(本社工場) インディアナ工場 ミシシッピ工場
所 在 地 ミズーリ州ペリビル インディアナ州ニューアルバニー ミシシッピ州ベイツビル
生産品目 内外装部品
(ラジエータグリル、バンパーなど)


セーフティシステム製品
(エアバッグ・ハンドル)
内外装部品
(インストルメントパネル周辺部品、
レジスタ、コンソールボックスなど)
内外装部品
(インストルメントパネル周辺部品、
レジスタ、コンソールボックスなど)

セーフティシステム製品
(ハンドル)
面積 土地 約995,000m2 約64,000m2
拡張後 約102,000m2
約56,000m2
建屋 約118,000m2
拡張後 約120,000m2
約16,000m2
拡張後 約26,000m2
約9,000m2
従業員数 1,634名(2021年7月末) 244名(2021年7月末) 110名(2021年7月末)

北米における内外装部品の生産体制