TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

「メッセナゴヤ2021」に出展

2021年10月29日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:小山享)は、11月10日から4日間、ポートメッセなごや(名古屋市)で開催される「メッセナゴヤ2021」に出展します。

今回の展示会では、CASE・MaaSやカーボンニュートラルへの対応を通じて社会課題の解決に貢献する当社の姿を紹介するため、バイオ素材やLEDなどを用いて環境に優しく、快適な内装を提案する「小型EVコンセプト」や、「歩行者保護エアバッグ」などを展示します。また、カーボンニュートラルの取り組み事例として、ゴム製品の生産時に発生する廃棄ゴムを原材料に戻して再利用し、廃棄物・CO2排出の低減につなげる当社独自のリサイクル技術を映像などで紹介します。

また、エアバッグなどの生産時の端材を活用したリサイクル商品(Re-S商品)や当社製のUV-C(深紫外線)LEDを用いた除菌関連商品の販売も行います。

主な展示品

1.車の安心・安全、快適に貢献する製品

「小型EVコンセプト」初展示

乗員を包み込むように冷暖房を送風し、快適な室内空間を実現するパーソナル空調などを搭載。また、UV-Cで荷物を除菌する機能を搭載するなど、配送にも活用でき、物流課題の解決にも貢献します。

小型EVコンセプト

「歩行者保護エアバッグ」初展示

歩行者との衝突時に車のフロントピラーなどの硬い部位をエアバッグが覆い、頭部への衝撃を軽減します。2021年10月に発表された(株)SUBARUの国内向けレガシィ アウトバックに搭載されます。

歩行者保護エアバッグ

2. カーボンニュートラルに対応した技術

「ゴムのリサイクル技術」初展示

「脱硫再生」「金属分離」など、当社独自技術を用いた森町工場(静岡県周智郡)のゴム製品(ウェザストリップ)のリサイクル工程の小型模型を展示します。

ゴムのリサイクル技術