TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

~CES2022~
豊田合成の技術がトヨタ紡織のコンセプトモデルに搭載

2022年01月06日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:小山享)が開発中の新技術が、トヨタ紡織が「CES2022」※1でオンライン展示するMaaS社会に向けたコンセプトモデル「MX221」※2に搭載されています。

トヨタ紡織が中心となりトヨタグループ6社※3が企画・提案する、2030年以降の自動運転レベル4を想定した「都市部でのシェアモビリティの車室空間」の実現に向けて、当社の以下の新技術が搭載されています。

①ラップエアバッグ※4 リラックス時などの多様な乗員姿勢に対応
②マイクロ波給電※5 : 車内で利用する複数の電子機器にワイヤレスで電力を供給
③サイネージ機能  : LEDの光で車外の人とのコミュニケーションが可能
④除菌機能     : UV-C(深紫外線)LEDを用いて衛生的な車内空間を実現

今後もトヨタグループとの連携によりCASEやMaaS時代に対応した新たな価値を提案し、社会課題の解決に貢献していきます。

※1 2022年1月5日から4日間、米国ネバダ州ラスベガス市およびオンラインで開催。

※2 詳細はトヨタ紡織の特設サイトで紹介。
https://tech.toyota-boshoku.com/ces2022/MX221/index.html

※3 (株)ジェイテクト、(株)アイシン、(株)デンソー、トヨタ紡織(株)、豊田合成(株)、(株)東海理化。

※4 シートベルトに内蔵されたバッグが乗員の大腿部の上(英語:ラップ)で展開。乗員の大腿部と 上半身でエアバッグを挟み込むことで、頭部が膝に衝突することを防ぐ。

※5 OSSIA社と共同で開発中。