TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

エアバッグ生地製のバッグが災害備蓄品の収納袋として採用

2022年04月19日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:小山享)のエコブランド「Re-S(リーズ)」商品のバッグが、災害支援プロジェクト「ガーディアン72」の備蓄品BOXの収納袋として、採用されました。

このバッグは、エアバッグ生地の端材を用いているため、丈夫で防水性にも優れており、また備蓄品BOX専用のサイズに設計していることから、災害時に各種備品を持ち運ぶのに適しています。

ガーディアン72は、株式会社ミーチュアル・エイド・セオリー(東京都)が主導する活動で、大地震や洪水などの直後に被災者を支援します。被災地で特に混乱が生じる72時間を過ごすのに必要な一人分の防災備蓄品(47アイテム)を段ボール1箱にパッケージ化し、企業や自治体などが購入、災害時に近隣の避難所へ効率よく届けます。

※一般的に水・電気、ガスなどのライフラインの復旧や、各地からの支援物資の到着までに72時間(3日間)程度かかると言われている。

Re-s
Re-s
備蓄品BOXの中身(一部)

備蓄品BOXの中身(一部)

備蓄品BOX

備蓄品BOX(G72BOX)
(企業や団体が購入・備蓄し、
近隣の避難所や帰宅困難な社員へ提供)