TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

内外装部品の競争力強化に向け瀬戸工場を拡張

2022年04月22日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:小山享)は、内外装部品における競争力強化のため、主要なお客様の近隣に位置する瀬戸工場を拡張し、効率の良いモノづくりを推進します。

現在、ハイブリッド車(HEV)や電気自動車(BEV)など多種多様なクルマの併産が進むなかで、当社の主力製品であるフロントグリルやバックドアガーニッシュといった大型塗装品などは、よりシンプルで高機能かつ、お客様のデザインニーズにお応えする幅広いバリエーションが求められています。

このような市場ニーズに対応するため、瀬戸工場では生産性の向上を図っていきます。工場内の生産レイアウトを最適化すると共に、高効率な大型成形機や塗装設備、協働ロボット、生産工程を一元管理するIoTシステムなども導入します。さらに新棟のオール電化によるCO2削減にも取り組み、環境にも配慮したモノづくりを進めていきます。

瀬戸工場の概要

設立 2004年10月
所在地 愛知県瀬戸市惣作町141番地
面積 土地 約45,000m2拡張後 約51,000m2
建屋 約12,000m2拡張後 約27,000m2
生産品目 フロントグリル、バックドアガーニッシュ、
インストルメントパネル周辺部品、コンソールボックス 等
従業員数 134名(2022年3月末)
投資額 約70億円
稼働時期 2023年12月(予定)
導入する主な設備 大型成形機、塗装設備、協働ロボット、
自動外観検査機・搬送機(AGV)、
IoTシステム(生産工程の一元管理)
瀬戸工場(新棟建設後のイメージ)

瀬戸工場(新棟建設後のイメージ)