TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

~カーボンニュートラルの実現に向けた取り組み~
美和技術センターの電力をすべて再エネに切り替え

2022年05月18日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:小山享)は、美和技術センター(同県あま市)で使用するすべての電力を、再生可能エネルギー(以下、再エネ)で発電されたグリーン電力に切り替えました。これにより22年度のCO2排出量を前年度比で約4,200トン削減します。

当社は2050年までのカーボンニュートラル実現への中期目標として「2030年までのCO50%削減(2013年度比)」を掲げています。生産技術革新や高効率設備の導入による「省エネ」(電力総使用量の低減)に加え、太陽光・風力発電設備の導入とグリーン電力の購入を含めた「再エネ導入率の向上」を進めています。

今回の切り替えは、昨年度の本社、いなべ工場(FCEV用高圧水素タンク工場)、みよし物流センターに続くもので、今後も計画的に拡大していきます。

※ 太陽光、風力、バイオマスなど、自然を利用して作った電気のこと。


<再エネ導入率の向上計画>

再エネ導入率の向上計画