TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

シリケート蛍光体を用いた白色LED特許に関するライセンス契約に合意

2014年07月15日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:荒島 正、以下 「豊田合成」) はHarvatek Corporation (以下 「Harvatek」) とシリケート蛍光体を用いた白色LED特許に関するライセンス契約に合意いたしました。

豊田合成はオーストリアのTridonic Jennersdorf GmbHと、ドイツのLeuchtstoffwerk Breitungen GmbHおよびLitec GbRの4社(以下 「B.O.S.E. コンソーシアム※」)で、青色LEDと黄色シリケート蛍光体により白色光を構成する基本となる特許を保有しております。

シリケート蛍光体と青色LEDの組合せによって製造された高精度かつ高光度な白色LEDは、携帯電話やノートパソコン、カーナビゲーションシステムなど小型ディスプレイを用いる電子機器等で使用されています。

B.O.S.E. コンソーシアムではLED業界がこれらの技術を活用できるよう、シリケート蛍光体と青色LEDの組合せによる白色LED技術を網羅する「デバイスライセンス」と、シリケート蛍光体の製造と販売を網羅する「材料ライセンス」を準備しています。

今回、豊田合成は白色LED技術の特許に関する「デバイスライセンス」を台湾の大手表面実装LEDメーカーであるHarvatekにライセンスすることに合意いたしました。

これによりHarvatekはB.O.S.E.コンソーシアムの白色LED特許のライセンスを有する多数のLEDメーカーに加わり、特許でカバーされるシリケート蛍光体を用いた白色LEDを製造・販売することが可能になります。

なお、豊田合成がライセンス契約を締結しているLEDメーカーは、ホームページで公開しています。

URL:http://toyodagosei-led.jp/pdf/licensees.pdf

 

以 上

 


※B.O.S.E. とはバリウム・オルトケイ酸塩・ユーロピウム(Barium Ortho-Silicate Europium)の略です