TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

中国 上海TG新拠点の「開所式」を実施

2015年05月12日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:荒島 正)の中国・上海市の拠点である豊田合成(上海)管理有限公司(以下、上海TG)は、技術開発機能を強化するため、2015年1月に上海市 閔行区の新拠点へ移転し、5月11日(月)に「開所式」を実施しました。

開所式は政府関係者、顧客をはじめ関係者のみなさまに出席頂き、上海TG総経理の大西は「移転により実験エリア・試験設備を持つことができ、製品や材料の評価を中国で完結できるようにした。今後も地域マネジメントの強化に注力するとともに、地域の発展により一層貢献していきたい。」と抱負を述べました。

豊田合成は今後も成長する中国自動車市場の顧客ニーズに対応し、お客様に選ばれるグローバルサプライヤーを目指していきます。

移転した上海TGの新拠点 式典の様子(挨拶する上海TG総経理の大西)
移転した上海TGの新拠点 式典の様子
(挨拶する上海TG総経理の大西)

 

上海TG新拠点の概要

1.所在地 中華人民共和国 上海市 閔行区    (上海虹橋国際空港から南約10km)
2.稼動開始 2015年 1月
3.投資額 約18百万元 (約3億円)
4.延べ床面積 2,400m2(オフィス:1,200m2,実験棟:1,200m2)    〔参考〕旧事業所:約550m2(オフィスのみ)

以 上

 

(ご参考)

上海TGの概要

1.会社名 豊田合成(上海)管理有限公司    (略称:上海TG)
2.所在地 中華人民共和国 上海市 閔行区    (上海虹橋国際空港から南約10km)
3.代表者(総経理) 大西 亮
4.設立年月 2006年 1月
5.資本金 200万米ドル
6.出資比率 当社 100%
7.事業内容 中国地域の統括業務 (設計・技術開発、営業、調達、品質保証など)
8.従業員数 94名(2015年3月末現在)