TOYODA GOSEI

お問い合わせ

2019 70 anniversary

ニュース / お知らせ

~新技術・新製品の実用化に向け、ベンチャー投資専門組織を立ち上げ~
コーポレートベンチャーキャピタルを創設

2018年11月09日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑直樹)は、新技術や新製品の実用化に向けたオープンイノベーションを加速させるため、スタートアップ企業などに機動的に投資する専門部署「ベンチャー投資企画室」を2019年1月に新設します。

当社は事業環境の大きな変化に柔軟かつ迅速に対応するため、2018年5月に中長期経営計画(2025事業計画)を策定。その活動の柱の1つに「イノベーション・新モビリティへの挑戦」を掲げ、ロボットなどに用いる次世代の人工筋肉「e-Rubber」や、自動運転車において人とクルマの橋渡しとなるHMI機能を付加した「モジュール製品」などの開発を進めています。ベンチャー投資企画室は、その実用化に向けて、当社のコア技術とのシナジーが期待できるスタートアップ企業への投資を速やかに行います。運用規模は30億円、期間は2019年1月から2年間の予定です。

今後も当社は、お客様へ安心・安全・快適をお届けするグローバルカンパニーを目指していきます。

     組織概要

 1. 名  称  ベンチャー投資企画室
 2. 運用規模  30億円
 3. 運用期間  2019年1月~2020年12月 (2年間)
 4. 投資対象

 (1) 以下4分野に関連した経営資源・技術力などを持つスタートアップ企業
       ①ロボティクス ②半導体 ③次世代自動車部品 ④素材

 (2) ベンチャーキャピタル
    *上記スタートアップ企業の情報収集等のため。

 以上