TOYODA GOSEI

お問い合わせ

2019 70 anniversary

ニュース / お知らせ

~樹脂化で重さを半減~
「樹脂軽量ターボダクト」を開発

2019年03月27日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑直樹)は、車の環境性能向上に寄与するため、エンジンに空気を送るターボダクトを樹脂化し、重さを半減しました。この「樹脂軽量ターボダクト」は、2019年2月にトヨタ自動車株式会社から発売された海外向けの新型ハイエースに搭載されています。

ターボダクトはエンジンの出力を高めるために圧縮した空気を送るパイプで、高い耐圧・耐熱性能に加え、エンジンの振動を吸収する性能が必要とされます。そのため従来は金属やゴムなど複数のパイプで構成されていました。

このたび当社は、長く複雑な形のパイプを成形できるサクションブロー工法を新たに導入し、ターボダクト全体を樹脂で成形、約5 割の軽量化を実現しました。材料に軟質樹脂を採用したほか、パイプの一部を蛇腹形状にするなど設計を工夫することで、耐圧・耐熱や振動吸収の性能を確保しています。

今後も当社は高分子の専門メーカーとして培ったゴム・樹脂の加工技術などを活かし、製品の軽量化などに積極的に取り組んでいきます。

※「ブロー成形」とは金型に流し込んだ樹脂に空気を吹き込んで中空形状を作る工法で、ペットボトルなど身近な製品にも用いられる。「ブロー成形」と「吸引」を組み合わせた工法が「サクションブロー成形」。金型の上から流し込んだ樹脂を下から吸引することで、金型内の複雑で長い空洞部に行き渡らせたうえで、空気を吹き込んで中空形状を作る。


従来のターボダクト

ターボ機構(イメージ図)

樹脂軽量ターボダクト

以上