TOYODA GOSEI

お問い合わせ

2019 70 anniversary

ニュース / お知らせ

「豊田合成グループ 社会貢献活動レポート」を発行

2019年08月23日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑直樹)は、「豊田合成グループ 社会貢献活動レポート」を発行しました。

当社グループは、経営理念の一つに「社会への貢献」を掲げ、社会福祉・環境保全・青少年育成・地域防犯の4つを柱に災害復興支援を加えた活動に積極的に取り組んでいます。本レポートはこれらを紹介することで、地域社会をはじめとするステークホルダーの皆さまに当社の社会貢献活動について理解を深めていただくことを目的に、2011年に創刊しました。

今回の改訂では、森林を整備して雨水浄化機能を保全する「里山づくり」や、社内の防災備蓄品などをNPO団体に寄贈する「フードバンク」といった新たな活動を追加して掲載しています。

豊田合成は今後も、各国や地域に根ざした社会貢献活動を積極的に行っていきます。

 

1.主な内容

 (1)当社の社会貢献活動の考え方

 (2)活動内容

   ①社会福祉         :車イス修理 (車イスドクターズ)、フードバンク

   ②環境保全         :工場の森づくり、里山の保全活動(里山づくり「豊田合成 樹守の里」)

   ③青少年育成    :モノづくり教室(一宮少年少女発明クラブ)

   ④地域防犯         :従業員による防犯パトロール

   ⑤災害復興支援 :LED防犯灯寄贈                       など

 

2.仕様

・A4版、16ページ
・1,400部発行 (和英併記)

 ※本レポートは、当社ウェブサイトでもご覧いただけます。
 https://www.toyoda-gosei.co.jp/kigyou/library/pdf/TGSocialContributionRPT2019_JPNENG.pdf