TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

新型コロナウイルスのPCR検査車両を提供

2020年05月07日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑直樹)は、トヨタ自動車ならびにトヨタグループ各社と新型コロナウイルス感染症の診断や治療に日夜ご尽力されている医療現場を支援する取り組み「ココロハコブプロジェクト」の一つとして、5月7日に新型コロナウイルスのPCR検査車両(1台)を東京都医師会に提供しました。

この検査車両は、現在新型コロナウイルスの医療現場最前線での検査課題解決に貢献していきたいとの想いから、日頃当社が「電気で動く次世代ゴムe-Rubber」の医療デバイス等を共同で開発しているネットワークを活かして提案・実現に至りました。

車両の提供後は、感染軽症者の施設となる都内ホテルの近隣に配置し活用いただく予定です。

なお、車両の改造は特装車事業でノウハウをもつ株式会社トヨタカスタマイジング&ディベロップメントの協力を得て実施しました。

当社は、今後も医療現場のニーズに応じて、より高度なモバイルステーションへの進化を目指して迅速に取り組んでいく予定です。

 

<PCR検査車両>
・隔壁越しに検体を採取でき医療従事者との隔離が可能(感染を防御)
・必要な場所に移動が可能 

1
2
3

 

 ※「ココロハコブプロジェクト」とは、東日本大震災の被災地を支援するために、全国から「心を運ぶ」という気持ちを込めて、トヨタ自動車、トヨタ販売店及びその従業員が、継続的かつ長期的に実施してきた支援活動の総称です。今回は、新型コロナウイルス感染症で闘病中の方、日夜奮闘されている医療従事者・政府・自治体関係者の皆様に対して、何か貢献できないかとの思いから、トヨタグループが力を合わせて取り組む支援活動の総称を「ココロハコブプロジェクト」といたしました。

 4