TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

~新型コロナウイルスの影響を受ける地域社会に貢献~
地域の酪農・林業事業者を支援

2020年05月18日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑直樹)は、トヨタ自動車ならびにトヨタグループ各社と新型コロナウイルス感染症の対応に日夜ご尽力されている地方自治体などを支援する「ココロハコブプロジェクト」に取り組んでいます。

このたび当社では、新型コロナウイルスの影響で廃棄せざるを得ない食品や木材の余剰在庫の低減に少しでも貢献するため、岐阜県の酪農や林業の事業者への支援を行いました。学校の一斉休校により需要が減少した牛乳や、住宅などの大口需要の減少により余った木材を加工した木工工作セットなどを当社が購入し、本日より従業員に提供しています。

尚、今回の支援は、環境保全活動の一環として岐阜県や美濃加茂市と森林整備を行う、里山づくり「豊田合成 樹守の里」での関係を通じ実施しました。

当社は今後も、新型コロナウイルス対策への支援活動を積極的に取り組んでいきます。

 当社が購入した牛乳と木工工作セット

当社が購入した牛乳と木工工作セット

※「ココロハコブプロジェクト」とは、東日本大震災の被災地を支援するために、全国から「心を運ぶ」という気持ちを込めて、トヨタ自動車、トヨタ販売店及びその従業員が、継続的かつ長期的に実施してきた支援活動の総称です。今回は、新型コロナウイルス感染症で闘病中の方、日夜奮闘されている医療従事者・政府・自治体関係者の皆様に対して、何か貢献できないかとの思いから、トヨタグループが力を合わせて取り組む支援活動の総称を「ココロハコブプロジェクト」といたしました。

ココロハコブプロジェクト