TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

新型コロナウイルスに対応する医療現場へ防護服を提供

2020年05月29日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑直樹)は、トヨタ自動車ならびにトヨタグループ各社が新型コロナウイルス感染症の診断や治療に日夜尽力されている医療現場を支援する「ココロハコブプロジェクト」※1の1つとして、このたび防護服200着を名古屋大学医学部附属病院などの医療機関に提供しました。今後も順次、医療機関などの要望に応じて提供を行っていきます。

当社では医療資材の不足の解決に貢献するため、主力製品であるエアバッグの生地を用いた防護服の生産・提供を行うことにしました。エアバッグの生地は、ナイロンをシリコンでコーティングしており空気を通さないため、防護服として活用でき、洗って繰り返し使用することも可能です。

なお、今回の活動は、生地を製造する東洋紡株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:楢原誠慈)と、縫製メーカーの華利達服装集団有限公司(本社:中国江蘇省、董事長:張文昌)※2、当社の3社が共同で企画し、医療現場のニーズを踏まえて仕様を決定しました。

今後も当社は医療現場のニーズに応じた支援活動に迅速に取り組んでいく予定です。


防護服

※1「ココロハコブプロジェクト」とは、東日本大震災の被災地を支援するために、全国から「心を運ぶ」という気持ちを込めて、トヨタ自動車、トヨタ販売店及びその従業員が、継続的かつ長期的に実施してきた支援活動の総称です。今回は、新型コロナウイルス感染症で闘病中の方、日夜奮闘されている医療従事者・政府・自治体関係者の皆様に対して、何か貢献できないかとの思いから、トヨタグループが力を合わせて取り組む支援活動の総称を「ココロハコブプロジェクト」としました。

※2 当社のエアバッグ部品(バッグ)の加工を手掛ける常州昌瑞汽車部品制造有限公司(中国江蘇省)の親会社で、アパレル関連の事業を行っています。

ココロハコブプロジェクト