TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

新型コロナウイルスのPCR検査車両を名古屋大学医学部附属病院へ提供

2020年06月05日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑直樹)は、トヨタ自動車ならびにトヨタグループ各社が新型コロナウイルス感染症の診断や治療に日夜尽力されている医療現場を支援する「ココロハコブプロジェクト」の1つとして、6月4日に新型コロナウイルスのPCR検査車両(1台)を名古屋大学医学部附属病院に提供しました。

この検査車両は、感染対応の最前線である医療現場での検査課題の解決に貢献するため、「電気で動く次世代ゴムe-Rubber」を用いた医療デバイスなどを共同開発しているネットワークを活かして提案・実現に至りました。

なお当社では5月にも同様の検査車両を東京医師会に提供しており、今回で2台目となります。提供後は、移動式の検査施設としての活用に加え、同病院での院内感染防止のための入院患者向けの検査などでも活用いただく予定です。

なお、車両はトヨタ自動車のハイエースをベースに、特装車事業でノウハウを持つ株式会社トヨタカスタマイジング&ディベロップメントの協力を得て改造しました。

当社は今後も医療現場のニーズに応じた支援活動に迅速に取り組んでいきます。

<PCR検査車両の機能>

感染の防止
  • 医療従事者が隔壁越しに検体を採取
  • 車内の気圧を車外より高く保つことでウイルスの吸入を防止
検体の移送
  • 検体を一定の温度に保つ冷蔵容器を装備
寄贈式の様子

左から当社執行役員の藤田、当社副社長の小山、
名古屋大学の松尾総長、名古屋大学附属病院の小寺病院長

検査イメージ図

※「ココロハコブプロジェクト」とは、東日本大震災の被災地を支援するために、全国から「心を運ぶ」という気持ちを込めて、トヨタ自動車、トヨタ販売店及びその従業員が、継続的かつ長期的に実施してきた支援活動の総称です。今回は、新型コロナウイルス感染症で闘病中の方、日夜奮闘されている医療従事者・政府・自治体関係者の皆様に対して、何か貢献できないかとの思いから、トヨタグループが力を合わせて取り組む支援活動の総称を「ココロハコブプロジェクト」としました。

ココロハコブプロジェクト