TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

東北大学発のスタートアップ「ボールウェーブ社」に出資

2020年11月30日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:小山享)は、化学センサを開発・販売する東北大学発のスタートアップ、ボールウェーブ株式会社(本社:仙台市、社長:赤尾慎吾)に出資しました※1

ボールウェーブ社は、東北大学で発見された物理現象である弾性表面波Surface Acoustic Wave)を用いて、空気などの気体に含まれる様々な物質をナノレベルで瞬時に検知できる「ボールSAWセンサ」の実用化を進めています※2

両社は今後、当社が車の内外装部品などの開発・生産で培った表面処理技術(塗装やめっきなど)をコーティングに活用、ボールSAWセンサの更なる性能向上を図っていきます

将来的には、新型コロナウイルスなどを除菌できる当社の深紫外LED技術との連携も視野に、空気中のウイルスを検知できるセンサの実用化を目指していきます。

当社はコア技術とのシナジーが期待できるスタートアップなどとの連携を通じ、社会課題の解決に貢献していきます。

 ※1 出資時期は2020年11月、出資額は1億円。

 ※2 これまでに、乾燥が必要な半導体生産工程やドライルームに活用できる高性能な微量水分計などを製品化した。

ボールウェーブ社の概要

社名 ボールウェーブ株式会社
所在地 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-40
東北大学連携ビジネスインキュベータ 501
代表者 代表取締役社長 赤尾慎吾
設立 2015年11月
資本金 1億円(2020年10月末時点)

ボールSAWセンサ
(直径数ミリの球)