TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

~コロナ禍における地域貢献~
障がい者施設の支援、医療施設への物品寄贈を実施

2021年03月05日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:小山享)は、当社事業所が所在する愛知県と静岡県の9カ所の障がい者施設が生産する菓子類を、当社食堂で3月3日から従業員向けに販売します。また、従業員が購入した金額と同額を会社が拠出(マッチング)して物品を購入し、愛知県稲沢市、清須市の医療施設に寄贈します。

当社は従来から、障がい者の自立支援の一環で、施設で生産したパンや焼き菓子などを当社食堂で障がい者自身が販売する機会を毎月提供してきましたが、今年度は新型コロナウイルスの感染防止のため社内販売を見合わせていました。今回、感染症の長期化により販売が落ち込んでいる施設を支援するため、当社11事業所で従業員が代行することで販売を再開します。さらに、当社の拠出金で施設の菓子類を購入します。

また、感染症の対応に尽力されている地元の病院や保健所などに感謝の意を込めて、当社のUVC空間除菌装置と施設の菓子類を寄贈します。

※ 細菌やウイルスをフィルターで捕らえて深紫外線を照射し、空間を除菌する装置。当社製の深紫外LEDを搭載。

代行販売の概要

1. 期 間: 3月3日(水)~4月28日(水)※計32回実施
2. 場 所: 当社事業所内の食堂
(本社・春日工場、北島技術センター、美和技術センター、稲沢工場、尾西工場、西溝口工場、平和町工場、瀬戸工場、森町工場、いなべ工場)
3. 対象施設: 当社の事業所がある愛知県・静岡県内の9施設
(カフェ黒田・いずみ作業所・わがんせ・第二きそがわ作業所(一宮市)、いなほの家(稲沢市)、よつ葉の会(名古屋市)、かいこ(瀬戸市)、ワークスつばさ・あいまいもこ(周智郡森町))
4. 販売品: パン、焼き菓子、プリン 等

従業員による販売の様子(左が尾西工場、右が稲沢工場)