TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

~FCVの航続距離延長に寄与~
高圧水素タンクの開発でトヨタ自動車から「技術開発賞」を受賞

2021年03月11日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:小山享)は、トヨタ自動車株式会社が2020年12月に発売した新型MIRAI向けの「高圧水素タンク」の開発が評価され、このたび同社から「技術開発賞」を受賞しました。

高圧水素タンクは燃料電池自動車(FCV)の主要部品の1つで、水素を高圧(約700気圧)で圧縮して効率的に貯蔵します。新型MIRAIはFCVの普及課題となっていた航続距離を延ばすために、従来型MIRAIよりも1本多い3本のタンクを搭載しており、当社では車両後部に搭載される3本目の生産※1を担っています。今回、トヨタ自動車との共同開発においては、タンク外層(耐圧層)の材料や生産方法などの工夫により、耐圧強度を保ちつつ厚みを極小化して内容積を増やし、水素の貯蔵効率※2を約1割高めました。

今後も当社はゴム・樹脂分野のコア技術を活かした製品開発を通じ、EV・FCVなどの電動車の普及を支えていきます。

※1 高圧水素タンクの専用工場として新設したいなべ工場(三重県いなべ市)で2020年11月から生産。

※2 タンク重量に対する水素貯蔵量の割合。