TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

豊田合成九州、再エネ電力の利用を拡大

2021年04月02日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:小山享)のグループ会社である豊田合成九州株式会社(本社:福岡県宮若市、社長:宮本康司)は、CO2削減の一環で、福岡工場の電力をすべて再生可能エネルギー(以下、再エネ)由来に切り替えました。

同社は昨年、佐賀工場全体と福岡工場の一部に再エネ由来の電力を導入していましたが、今回の利用拡大により、同社全体の使用電力の約50%を再エネで賄うとともに、同社の2021年度のCO2排出量を2019年度比で約6,400トン削減します。

豊田合成グループは長期環境目標(TG2050環境チャレンジ)において、2050年までにCO2排出量を極小化することを目指しており、各工場での日常的な省エネ活動に加え、消費電力の少ない生産設備やクリーンエネルギーを活用した発電設備を導入するなどCO2の削減に取り組んでいます。今後も環境に配慮した事業活動を通じ、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

※ 豊田合成九州が導入している九州電力の「再エネECOプラン」は、CO2排出量の削減に寄与するとともに、電気料金の一部が水力や地熱発電の充実に活用される。

再エネ化電力の概要

契約会社 九州電力株式会社
契約プラン名 再エネECOプラン
購入電力量 年間約1,858万kWh
発電方法 水力発電、地熱発電
導入拠点 豊田合成九州(株) 福岡工場(本社)、佐賀工場
CO2削減量(2021年度) 年間約6,400トン(2019年度比)

豊田合成九州の概要

設立 2018年11月
本社所在地 福岡県宮若市倉久2223-1
資本金 35億円
生産拠点 福岡工場(本社)、北九州工場、佐賀工場
従業員数 632名 (2021年3月末時点)