TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

~欧州での生産体制の再編~
英国子会社で労使交渉を開始

2021年04月28日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:小山享)は、当社子会社である英国豊田合成株式会社(TGUK)の生産終了を前提に同社の労使間での協議を開始します。自動車業界が激変する中、英国においてもカーメーカーの減産および生産終了決定といった動きが進み、TGUKとしての事業成長が見込めないと判断し、今回の決定に至りました。

当社は将来にわたる持続的な成長を実現するための取り組みを進めており、その一環としてグローバルでの事業の構造改革を行ってきました。欧州では、2019年12月にドイツの自動車部品の生産子会社の株式を譲渡し、主力拠点である豊田合成チェコ有限会社(TGCZ)に生産を移管するなど、これまでも事業再編を進めてきましたが、今後、欧州事業については、TGCZを中心に生産性の向上を図り、事業の強化を進めていきます。

当社は今後も、加速度的な事業環境の変化に柔軟かつ迅速に対応し、将来にわたる持続的な成長の実現を目指していきます。

※ 英国法(1992年労働組合労働関係統合法)により、
事業の見直しに伴う雇用に関わる決定には労使間協議が必要。

TGUKの概要

社名 英国豊田合成(株)
所在地 ロザラム工場(本社) ロザラム市
スウォンジー工場 スウォンジー市
設立 1999年4月
資本金 3,800万ポンド
株主 豊田合成(株) 91.09%、豊田通商(株) 8.91%
代表者 取締役社長 松尾成徳
従業員数 458名 (2021年3月末)
生産品目 ロザラム工場 ウェザストリップ製品
スウォンジー工場 内外装部品