TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

「人とくるまのテクノロジー展2021 ONLINE」に出展

2021年05月21日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:小山享)は、5月26日から7月30日まで開催される「人とくるまのテクノロジー展2021 ONLINE」(主催:公益社団法人 自動車技術会)に出展します。

当社は中期経営計画(2025事業計画)で「新モビリティへの挑戦」を活動の柱に掲げ、CASE・MaaS時代に向けて新たな価値を付与した製品の開発に取り組んでいます。今回の展示会では、「自動運転に対応した製品」として「次世代セーフティシステム」や、「電動車向けの製品」として燃料電池自動車(FCV)に搭載される「高圧水素タンク」などを動画やパネルで紹介します。

主な展示品

1. 自動運転に対応した製品

「次世代セーフティシステム」(コンセプトモデル)

自動運転時に想定される乗員の姿勢の多様化に対応するため、エアバッグをシートに一体化しています。

次世代セーフティシステム

「ハンドルモジュール」(コンセプトモデル)

人とシステムが協調して車を操作するための新たな「ヒューマン・マシン・インターフェイス機能」をハンドルに付加。カメラとセンサでドライバーの状態を感知する「見守り機能」や、光や振動などでドライバーに情報を伝える「インフォメーション機能」を搭載しています。

ハンドルモジュール

「フロントグリルモジュール」(コンセプトモデル)

カメラやミリ波レーダなど周辺状況を認識する「センシング機能」や運転状態をLEDの光で周囲に伝える「サイネージ機能」などを搭載しています。

ハンドルモジュール

2. 電動車向けの製品

「高圧水素タンク」

FCVの主要部品の1つで、水素を高圧(約700気圧)で圧縮して効率的に貯蔵します。当社は新型MIRAI向けの高圧水素タンクをトヨタ自動車株式会社と共同開発し、現在、同車両のタンク3本の内、車両後部に搭載される1本の生産を担っています。

高圧水素タンク

「冷却配管」(コンセプトモデル)

自動車用の各種ホース製品の開発・生産で培ったノウハウの活用により、電池やモーターを冷水で冷却するゴム・樹脂製の配管システムを提案。車の軽量化にも貢献します。

冷却配管

電池やモーターを冷却する
冷水の流れを動画で紹介

「人とくるまのテクノロジー展2021 ONLINE」はこちら