TOYODA GOSEI

お問い合わせ

ニュース / お知らせ

いなべ市と共同で「燃料電池教室」を開催

2021年06月07日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:小山享)は6月6日、三重県いなべ市と共同で、小学生向けの「燃料電池教室」を開催しました。

この教室は、いなべ市がSDGs未来都市※1として市内の企業と連携してスタートさせたワークショップの一環で行いました。当社がいなべ工場で燃料電池自動車(FCV)の高圧水素タンクを生産していることから、市民の皆様に今後の水素エネルギー活用への理解を深めていただく機会として企画しました。

当日は、小学3年生から6年生計30名が参加し、株式会社アムラックストヨタMEGA WEB※2の協力のもと、MIRAIを模したラジコンカーを使って水素を燃料にして走るFCVの仕組みなどを学びました。

また、新型MIRAIと高圧水素タンクの展示や、廃棄物の低減活動として当社のエアバッグ生地やハンドル本革の端材を加工・商品化したトートバッグやペンケース(Re-S(リーズ)商品)などの販売も行いました。

※1 SDGsの理念に沿って環境にやさしい街づくりなどを進める自治体を
内閣府が選定。

※2 トヨタ自動車株式会社の子会社でMEGA WEBの車両および
企業PRなどに関する各種イベントの企画・運営などを行っている。

概要

  • 日 時:2021年6月6日(日) 10:00~16:00
  • 場 所:にぎわいの森 シビックコア内(三重県いなべ市北勢町阿下喜31)
  • 参加者:市内で応募のあった小学3年生から6年生 計30名
    (新型コロナウイルス感染症対策のため10名/回に分かれて3回実施)
  • 内 容:水素生成の実験(水を電気分解)
    水素・酸素の化学反応実験(発生した電気でのモーター駆動) など

燃料電池の仕組みを学ぶ参加者の様子