About

Top Message

新しい価値を創り出すグローバルメーカー。
予測不可能な時代でも、挑戦をあきらめない。

豊田合成株式会社取締役社長 宮崎 直樹

新たな価値の積み重ねによって、
会社は発展を遂げていく。

高分子技術を活かしてつくられるゴムや樹脂製の自動車部品が、豊田合成の原点です。今やその品目は多岐にわたり、常に改善を加えながら製品の質も高度化されました。また近年は、一連の自動車部品の製品・生産技術を応用し、多くの次世代製品も開発。こうして豊田合成の歩みを振り返ってみると、既存事業の深化と新規事業の創出に、絶えず挑み続けてきたことがわかります。

もちろん、挑戦の継続は容易ではありません。かつて技術者だった私自身も、開発のプロセスで困難に直面したことがあります。それを乗り越えようと苦労を味わいましたが、あきらめなかったからこそ、新たな商品を生み出すことに成功しました。豊田合成では、社員一人ひとりが日々挑戦に邁進し、新たな価値を見いだしています。その積み重ねによって、会社は発展をし続けることができます。だから私は、挑戦心を宿す人材こそが、これからも豊田合成を支えていくんだと信じています。

自己成長のキーワードは、チームワークと海外経験。

仕事では、チームとして大きなミッションに臨む機会が多々あります。メンバーに選ばれたからには、チームとしての目標達成に尽くすべく、あらゆる事象に興味を持ち、些細な気づきであっても遠慮なく提案・発言してほしい。なぜなら、積極的な知識の習得と建設的な議論は、チームが突破口を開くためのカギとなるから。豊田合成が掲げる“ONE TEAM,ONE TG”のスローガンを胸に刻み、「自分はチームのために何ができるか」を考えて行動するスタイルが、会社の文化として根づいているのです。

また、グローバルネットワークを築く豊田合成では、若くして海外に赴くチャンスにもめぐり会えます。私もアメリカに約8年勤務した中で、それまでにない考え方や価値観・商慣習に大いに刺激を受け、結果として物事を捉える視野を広げることできました。みなさんもチャンスを手にした際には、ぜひ世界を肌で感じてください。ひと回りもふた回りも成長した自分に、必ず出会えるはずです。

より高い挑戦を楽しみ、
持続可能な社会に貢献しよう。

豊田合成は長年、ものづくりを通じて地域や各国の経済発展に寄与してきました。グローバルメーカーとして、これからは目標レベルを一段上げ、国際社会の課題解決はもちろん、持続可能でより良い世界の実現に努める決意です。

大いなる目標を達成するまでの道のりは、きっと険しいでしょう。しかも、2020年に新型コロナウイルスのパンデミックが突如として起こったように、世界の環境もいつ変わるか、予測不可能です。ただ、だからと言って、追求と前進を止めるわけにはいきません。挑み続けた先でしか、未来は変えられない。そのことを、私たちは知っています。

入社して約40年間、豊田合成に籍を置いている私から見て、この会社は、持続可能な社会のために光を灯すポテンシャルを秘めていると断言できます。どうか、私たちと一緒に限りない創造を楽しみ、世界の発展に貢献しましょう。