TOYODA GOSEI

お問い合わせ

サステナビリティ

ガイドライン対照表

環境報告ガイドライン(2018年版)対照表

第1章 環境報告の基礎情報

指標 レポート(冊子)掲載箇所 WEB
1. 環境報告の基本的要件
報告対象組織 P3 編集方針
報告対象期間
基準・ガイドライン等
環境報告の全体像
2. 主な実績評価指標の推移
主な実績評価指標の推移 P20-21 財務・非財務ハイライト

第2章 環境報告の記載事項

指標 レポート(冊子)掲載箇所 WEB
1. 経営責任者のコミットメント
重要な環境課題への対応に関する経営責任者のコミットメント P8-11 社長メッセージ 社長メッセージ
2. ガバナンス
事業者のガバナンス体制 P52-53 コーポレートガバナンス コーポレートガバナンス
重要な環境課題の管理責任者
重要な環境課題の管理における取締役会及び経営業務執行組織の役割
3. ステークホルダーエンゲージメントの状況
ステークホルダーへの対応方針 P34 ステークホルダーとの関係 ステークホルダーとの関係
実施したステークホルダーエンゲージメントの概要
4. リスクマネジメント
リスクの特定、評価及び対応方法 P37 気候変動・資源枯渇に関する「リスク」と「機会」
P57 大規模地震を想定した「危機管理統括プロジェクト」
気候変動・資源枯渇に関する「リスク」と「機会」
大規模地震を想定した「危機管理統括プロジェクト」
上記の方法の全社的なリスクマネジメントにおける位置付け P37 推進組織
P53 豊田合成グループとしての内部統制
推進組織
豊田合成グループとしての内部統制
5. ビジネスモデル
事業者のビジネスモデル P6-7 価値創造プロセス 価値創造プロセス
6. バリューチェーンマネジメント
バリューチェーンの概要 P6-7 価値創造プロセス 価値創造プロセス
グリーン調達の方針、目標・実績 P50-51 サプライヤーマネジメント サプライヤーとの関わり
環境配慮製品・サービスの状況 低炭素社会の構築
循環型社会の構築
環境保全と自然共生社会の構築
7. 長期ビジョン
長期ビジョン P36 TG2050環境チャレンジ ~みどりあふれる、豊かな地球を未来と子どもたちに~ TG2050環境チャレンジ ~みどりあふれる、豊かな地球を未来と子どもたちに~
長期ビジョンの設定期間
その期間を選択した理由 P36 基本的な考え方、TG2050環境チャレンジ ~みどりあふれる、豊かな地球を未来と子どもたちに~ 基本的な考え方
TG2050環境チャレンジ ~みどりあふれる、豊かな地球を未来と子どもたちに~
8. 戦略
持続可能な社会の実現に向けた事業者の事業戦略 P34-35 サステナビリティESGとSDGs サステナビリティESGとSDGs
9. 重要な環境課題の特定方法
事業者が重要な環境課題を特定した際の手順 P35 マテリアリティ(最重要課題)特定プロセス マテリアリティ(最重要課題)特定プロセス
特定した重要な環境課題のリスト
特定した環境課題を重要であると判断した理由
重要な環境課題のバウンダリー
10. 事業者の重要な環境課題
取組方針・行動計画 P36 環境基本方針 環境基本方針
第6次環境取り組みプラン
実績評価指標による取組目標と取組実績 P37 事業活動における資源投入と環境排出 事業活動における資源投入と環境排出
第6次環境取り組みプラン
環境データ
実績評価指標の算定方法
実績評価指標の集計範囲
リスク・機会による財務的影響が大きい場合は、それらの影響額と算定方法 P37 気候変動・資源枯渇に関する「リスク」と「機会」 気候変動・資源枯渇に関する「リスク」と「機会」
報告事項に独立した第三者による保証が付与されている場合は、その保証報告書 第三者検証

参考資料