豊田合成株式会社 豊田合成株式会社

  1. HOME
  2. サステナビリティ
  3. 環境(E)
  4. 環境マネジメント

環境マネジメント

国内外グループ会社との連携と、従業員一人ひとりが環境意識を持ち行動に移せるように、従業員への教育や啓発を続けています。

基本的な考え方

持続可能な事業活動のために、従業員の環境意識向上に向けた啓発や人材の育成に積極的に取り組んでいます。

連結環境マネジメントの強化推進

当社グループ全体で環境管理を推進しています。環境データを国内グループ会社は2001年度から、海外グループ会社は2003年度から集計をスタートしました。

■環境管理対象
豊田合成(株) 国内グループ会社
  • 春日工場
  • 西溝口工場
  • 瀬戸工場
  • 稲沢工場
  • 尾西工場
  • 森町工場
  • 平和町工場
    いなべ工場※1
  • 一榮工業(株)
  • 豊田合成日乃出(株)
  • 豊信合成(株)
  • 豊田合成インテリア・
    マニュファクチュアリング(株)
  • 海洋ゴム(株)
  • ティージーオプシード(株)
  • TGAP(株)
  • 豊田合成東日本(株)
  • 豊田合成九州(株)
海外グループ会社

■米州
〈 統括拠点:豊田合成ノースアメリカ(株)〉

  • TGミズーリ(株)
  • TGケンタッキー(有)
  • TGオートモーティブシーリング
    ケンタッキー(有)
  • TGフルイドシステムズUSA(株)
  • 豊田合成テキサス(有)
  • ウォータービルTG(株)
  • TGミント(株)
  • タペックスメキシカーナ(株)
  • 豊田合成オートモーティブシーリング
    メキシコ(株)
  • GDBRインダストリアコメルシオ(有)
  • 豊田合成ラバーメキシコ(株)
  • ペクバルインダストリア(有)
  • 豊田合成イラプアトメキシコ(株)

■アジア
〈 統括拠点:豊田合成アジア(株)〉

  • 豊田合成タイランド(株)
  • 豊田合成ラバータイランド(株)
  • 豊田合成ハイフォン(株)
  • 豊田合成サウスインディア(株)
  • (株)豊田合成セーフティシステムズ
    インドネシア
  • 豊田合成ミンダ・インディア(株)
  • 豊裕股份有限公司
    (株)豊田合成インドネシア

■中国
〈 統括拠点:豊田合成(中国)投資有限公司〉

  • 天津豊田合成有限公司
  • 豊田合成星光(天津)汽車部品有限公司
  • 豊田合成(張家港)科技有限公司
  • 豊田合成(佛山)橡塑有限公司
  • 豊田合成(佛山)汽車部品有限公司
  • 湖北豊田合成正奥橡塑密封科技有限公司

■欧州・アフリカ

  • 英国豊田合成(株)
  • 豊田合成チェコ(有)
  • 豊田合成南アフリカ(株)
  • ※1 いなべ工場は2021年4月から追加となりました。
  • ISO14001取得済 なお新工場建設、新会社設立時は稼働3年を目処にISO14001取得

環境監査

ISO14001 環境監査

当社および国内外のグループ会社は、環境マネジメントシステムであるISO14001を取得しています。内部環境監査は、監査の独立性・客観性を高めるために、監査対象事業所以外のメンバーで構成したチームで実施しています。また、(一財)日本品質保証機構(JQA)に外部環境審査を依頼し、環境マネジメントシステムがISO14001に従い、適切に運用されているかを確認しています。なお、新設会社が設立された場合には、3年以内に取得するという考え方で100%の取得を促進しています。

■ISO取得生産事業所取得率100%
単体 7工場
国内グループ会社 9社
海外グループ会社 米州:13社、アジア:7社、中国:6社、
欧州・アフリカ:3社
  • 内部環境審査/豊田合成日乃出(株) 内部環境審査/豊田合成日乃出(株)
海外環境監査

当社独自で設定した環境マネジメントシステムの基準である「TG グローバルEMS」に基づいて毎年自主点検と不具合の是正を行い、継続的な改善活動を実施しています。

  • 豊田合成タイランド(株) 豊田合成タイランド(株)

グリーン調達ガイドラインに基づく活動

当社とお取引をいただいているサプライヤーに対してグリーン調達ガイドライン遵守状況を調査するとともにリスクの高い会社に対しては現地・現物での点検を行い、必要に応じた改善活動を共同で実施しています。また、カーボンニュートラルの勉強会、CO2低減の事例の紹介などを行っています。

  • グリーン調達ガイドラインに基づく活動

環境教育

自然破壊や環境汚染などの問題をはじめ、生産活動に伴う環境への影響、環境法令の遵守などに関する従業員教育を行っています。

内容は、毎年、法律の動向を踏まえ、理解と実践に重点を置き、事例などを取り入れた具体的で分かりやすい教材にしています。

■環境教育体系
階層別教育 単体 グループ会社
国内 海外
新任管理者教育
海外赴任者教育
環境キーマン教育
環境関係資格取得
新入社員教育
ISO教育 単体 グループ会社
国内 海外
環境スタッフ教育
内部監査員レベルアップ教育
内部監査員登録教育
管理監督者教育
環境重要設備業務従事者教育
一般従業員教育

環境意識を高めるための啓発活動

環境保全活動を継続的に実施していくために、従業員一人ひとりが環境意識を持ち、行動に移せるように、環境月間の行事や定期的な環境講演会などの実施を通して、従業員の環境意識向上を図っています。また、従業員の環境意識を把握するために、毎年全従業員を対象としたアンケートを実施し、実態を踏まえ活動に反映させています。

■当社の長期環境取り組みの認知度
事例

バーチャル環境展示会

環境保全に関する課題や目標などを社内で共有するために「バーチャル環境展示会」を開催しました。

例年は、社内の会議室にパネルなどを展示する形で行ってきましたが、今年度は新型コロナウイルス感染症の拡大を防止しつつ、より多くの従業員がいつでも利用できるよう、オンライン(イントラネット)を活用して開催しました。

エコツアー

従業員と家族が環境について学ぶために、エコツアーを開催しています。2020年度は昨年からスタートした里山づくり「樹守の里」で下草刈りや間伐作業を行いました。

ECO-PARKでの情報発信

もったいない活動を推進するために、もったいない提案やTGフリマの取り組み状況やもったいないに関する環境情報を毎月、社内イントラネットで発信しました。

もったいない川柳(環境月間)

環境意識の向上を目的に、身の回りにあるエネルギーや資源、時間などについて、「もったいない」をテーマとした川柳を、TGグループ全従業員から募集しました。部門・会社ごとに選出された代表作品から、5名を「優秀賞」として表彰しました。また、応募作品については、社内向けのホームページへ掲載し、環境意識の向上につなげています。

作品
金賞 リサイクル 取り組むあなたに ミライクル
銀賞 ニュートラル 炭素ゼロへと ギアチェンジ
無駄遣い 未来に回す ツケ払い
銅賞 昼休み 電気も人も 一休み
まとめ買い 食べることには 期限切れ

メディア、環境NGO、顧客等の調査対応と環境活動の社外への情報発信

統合報告書、有価証券報告書などの各種報告書による情報発信、CDP、日経SDGs等の調査、主要顧客の調査への対応など環境活動の積極的な情報発信を行っています。

また、ESG説明会の開催など、機関投資家等のステークホルダーとのエンゲージメントも行い、得られた情報を基に環境活動の改善を進めています。

PAGE
TOP