TOYODA GOSEI

お問い合わせ

サステナビリティ

お客様との関わり

産業と技術革新の基盤をつくろうつくる責任 つかう責任

「お客様第一」「品質第一」で、製品・サービスと企業としての質を向上させる取り組みを進めています。

グローバル統一の品質保証

品質基本方針のもと、開発から生産まで一貫して品質を保証しています。全拠点で品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001」「IATF16949」の認証を取得。TQM※1の基本理念に基づき、拠点ごとに品質目標を立てて生産を行っています。また品質向上のノウハウやルールを盛り込んだ「品質システムグローバルスタンダード」を用いてグループ全社で品質を確保しています。

  • ※1 “お客様第一”を基本に、“絶え間ない改善”と“全員参加”により、「品質・仕事の質」「人と組織の活力」を高め、柔軟で強靭な企業体質をつくる活動 (Total Quality Management)

■TQMの基本理念

製造工程での品質確保と品質問題への対応体制

クルマの基本性能(走る・曲がる・止まる)を支え安全に直結する部品(保安部品)の生産工程を中心に自工程完結※2を進めています。世界のお客様から「品質の豊田合成」と評価いただけるよう、全拠点で「品質安心宣言活動」※3を推進。自働化※4による「不良をつくれない・流さない“ 工程づくり”」と、品質に対する感性を高めて「ミスをしない“ 人づくり”」の両輪で品質向上に取り組んでいます。さらに保安部品の生産工程に対しては認定監査員による監査・改善を行っています。

市場で品質問題が発生した場合は、自動車メーカーからの情報に基づき速やかに原因を調査して、再発防止策を実行できる体制を確立しています。また、原因究明・解決が自社だけでは困難な場合は、テスト車両による検証などに基づく的確な再発防止策を自動車メーカーの品質部門とともに講じ、以降の製品の品質不具合を未然に防止しています。

  • ※2 「品質は工程でつくり込む」を理念とし、不具合品をつくらない、流さないようにすること
  • ※3 全員参加による品質改善の取り組みのこと。製造工程の全ての係が「人づくり」と「工程づくり」の両輪で品質改善を実施。各テーマの目標が達成できた段階で、係長が事業領域長に対し「安心宣言」を行い、事業領域長が現地現物で確認する活動
  • ※4 機械設備の異常や、品質の異常、作業遅れなど何らかの異常が生じた際に、機械設備が自ら異常を検知して自動で停止するか、技能員(作業者)自身が停止スイッチを押すかして、ラインを止められるようにすること
TOPICS

品質向上に向けた「品質安心宣言活動」の継続

継続的に改善ができる職場風土を醸成し、製造の足元固めと、変化に強い製造現場づくりを狙いに、2012年より「品質安心宣言活動」として、「人づくり」「工程づくり」「再発防止」の3本柱で全員参加による改善活動を開始しました。2021年度からは不具合ゼロを継続するため、現場力・職場力を測り弱点を改善する活動へ進化させ、世界のお客様に安全・安心な製品をお届けできるよう、全社一丸となって品質向上を進めています。

事業領域長による現地確認会 事業領域長による現地確認会

品質のマインド醸成に向けた「品質学習館」の設立

仕入先様・海外拠点を含むTGグループのメンバー全員が品質を繰り返し学び、 「お客様第一」「品質第一」で考え・行動できるマインドを醸成する場として「品質学習館」を設立しました。

過去の不具合事例の伝承に加え、品質を大切にしてきた自社の歴史や、TG Spiritを実践した品質改善の事例、未来へ向けた取り組みなどを展示しています。

品質学習館の見学の様子 品質学習館の見学の様子
TQM活動による企業体質の強化

“お客様第一”を基本に、“絶え間ない改善”と“全員参加”により、「品質・仕事の質」「人と組織の活力」を高め、柔軟で強靭な企業体質をつくるTQM活動を、全社を挙げて推進しています。

「職場マネジメント改善活動」や「小集団活動」など従来からの改善活動に加え、激しい環境変化に対応するため「AI・ビッグデータの解析力」や「創造性を磨くための思考法」を身につける教育なども順次展開しています。また、データリテラシーや多様な発想力を醸成し、DXなどの変革や競争力の強化に寄与できる人材を育成し、風土醸成を図っています。

グローバルに対しては、中国やASEAN地域を重点に、小集団活動の活性化を各拠点と進めています。2016年から「グローバル小集団活動大会」を開始し、相互研鑽も図っています。

■TQM活動

階 層 実 施 事 項
管理職 職場マネジメント改善活動
事技職 小集団活動(グループ改善活動)
SQC※5/AI※6実践力向上活動(技術系)
  • ※5 SQC:Statistical Quality Control(統計的品質管理)
  • ※6 AI:Artificial Intelligence(人工知能)
技能職 小集団活動(QCサークル活動)
TOPICS

データサイエンス人材の育成

CASE、MaaSなど昨今の環境変化に対応するため、2017年から、データサイエンス人材の育成を実施しています。現在のように、先が読めない時代には、TQMの理念の一つである「絶え間ない改善」も「改善から改革・革新」へ変化させていかなければなりません。ビッグデータの利活用やDXの急拡大により、データサイエンス力が必要なスキルになってきています。社内教育による人材育成はもとより、産学連携によるトヨタグループ社外教育との連携も図っています。

ビッグデータ活用実践道場(社内) ビッグデータ活用実践道場(社内)
データサイエンス教育(社内) データサイエンス教育(社内)

第7回「中国地域TQM大会」を開催

中国では、コロナからの回復が比較的早かったこともあり、2020年(第6回)はオンライン形式、2021年(第7回)は張家港地区にてリアル形式で、小集団活動の大会を継続して実施しています。

2021年(第7回)からは、事技系の小集団活動を新たに加え、技能系と事技系とに分けて2日間で開催。「2025年全員参加」達成を目標に、大会を通じた拠点間の相互研鑽を通じて、地域全体の活動のレベルアップおよび活動の裾野拡大に取り組んでいます。

中国大会での発表風景

お客様ニーズに即した営業活動

営業部門を中心に、世界のお客様と良好な関係を築きながら、多様なご要望に応え、販売を促進・拡大しています。お客様のニーズ・困りごとや、その他のステークホルダーからの幅広いご意見などを各地域の営業が定期的に情報交換・検討の上、技術部門など社内の関係部署と連携。ニーズに即した開発案を提示し、満足いただける製品の提供に努めています。